「集団心理・大衆心理ってよく聞くけど、結局なんなの?それ」という”よくある疑問”をぶっ壊す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

 

「チャートには“集団心理”が現れている」

「トレードに勝つ為には“集団心理”を掴むことが大事」

「トレードは”大衆心理”を理解すれば勝率が上がる」

 

トレードを嗜んでいる方であれば、

きっと、一度は耳にしたことがあるであろう”このような言葉”

 

また同時に、その重要性が語られるばかりで、

調べども調べども、一向に「具体的な方法論」や「実戦向けの理論」が見当たらないのが、

この「集団心理」「大衆心理」、「群集心理」とも呼ばれてたっけかな? とにかく“この言葉”の実情でもあるかと思うのです。

 

「や、大事なのはもう十分わかったって!!」

 

「具体的にチャートのどこを見たら”それ”が見えるのか教えてくれよ!!」と。

 

これが、トレードを学んでいる最中である方々の「魂の叫び」かと思います。

 

そして、無駄にややこしくなるので、

この記事では“それ”の呼び方は「集団心理」で統一していこうと思うのですが、

 

とにかく、

 

「一体何をどうすればええねん」と。

 

シンプルに、そこ。

 

かく言う私も、トレード修行真っ只中の頃には、“この言葉”にずいぶんと翻弄されました。

 

調べても調べても、出てくる解答は大抵、

「“買ってる人・売ってる人の気持ち”を考えろ!」やら、

「機関投資家たちの出方を考えろ!」だとかやら。

 

「いや、だから具体的に“それ”をどうやんねん」が止まらない止まらない。

 

果ては、「集団心理に飲み込まれない様にメンタルを鍛えろ!」なんていう“巧みな論理のすり替え”まで起こる始末

 

もしくは、“それっぽい解答”の代表格としては、

 

「“集団心理”が見えて来ないのは、
あなたがチャートを見て来た時間が少ないからだよ
( ◜◡◝ )ドヤァ

「“答え”はもうチャートに出ているんだよ( ◜◡◝ )ドヤァ

 

的な、ね。

 

「ローソク足の声を聞け」って?

 

「いや、聞けるかい!!」と。

 

これが”受け手”の至極真っ当な反応であり、

”そのやり方”の一端でも知らなければ、そんな超能力みたいな芸当は、

いくら ただひたすらに長時間チャートを睨みつけていたとしても、そんなの出来るはずがないのです。

 

むしろ、何の手がかりも無しに 考えれば考えるほど、

深みにハマって抜け出せなくなるのが この「集団心理」や「大衆心理」、「群集心理」などと呼ばれる”謎の言葉”、

いや、もはや それすらも通り越しちゃうくらい厄介な”呪いの言葉”だと思うのです。

 

 

じゃあ、“謎は“謎”として 捨て置けばいいのか?

 

そうすれば“呪い”は解けるのか?と。

 

 

ええ、意外と“それ”もアリなんですよ。

 

「集団心理」と言う“呪いの言葉”から逃げ切る方法

 

何故なら、

「目線(ダウ理論)」や「エリオット波動」、
「水平線」や「斜め線」などの基本的な相場の概念や、

インジケーターを使った「相場の状況把握の方法」って言うのは、

直接見ようとしても、どうにも見えない、
「集団心理」とか呼ばれる謎のモノを予め含んだ上で、
各指標が指し示す「優位性」として、私たちに”何らかの指針”を届けてくれるものだからです。

 

!注意!

指標=物事を判断したり評価するための”目じるし”となるもの

指針=物事を決める上で頼りになるもの

 

そう。もう“あらかじめ含んじゃってくれてる”の。勝手に。

 

だから余計な事考えなくていいの。分かんないなら。

 

 

しかしです。

 

相場の原理原則的な視点や、各種インジケーターなどは、

何らかの「原因(=集団心理)」があって生み出された「結果(=ローソク足)」を元に、

そこから導き出されるであろう「傾向(=各視点で”優位性があるポイント”や”その後に予想される値動き”)」を私たちに教えてくれる、

という範疇を出ないのです。

 

だからこそ、「相場を読むための各種視点」や「インジケーター」が指し示す優位性って言うのは、

ひとつだけでも武器になり、多くを求めなければそれだけで戦っていける事は間違い無いのですが、

勝率を高めたり、取れる値幅を伸ばそうと思った時には、”複数個同時に使う”という事が必要不可欠になってくるのです。

 

その理由は簡単です。

 

“それら”は あくまで「傾向」しか見せてくれないので、

それ単体では そこそこ負けるから、と、これに尽きます。

 

とどのつまりは、遅いの

 

だから たまに、

「〇〇のインジケーターは、相場が動いた後にサインを出すから使えない」的な意見を耳にしたりもしますが、

厳密に言えば、“使うモノ”と“その設定期間”にもよるかとは思うのですが、

基本的にはそんな事が起こっても、そりゃまぁ当然だろ、と私は思ってます。

 

だって、ねぇ?

 

インジなんて特に、「結果(=ローソク足)」を寄せ集めて、

それを元に計算して弾き出した「傾向」を指し示すモノだもん。

 

例えば、20MAタッチでの上げ や 下げも、

大きく動き出した後に、さっきは触れてなかったのに今はジャストでタッチしてるように見えてる、

なんて事が起こる時も余裕であるのです。

 

だって、直近20本のローソク足の平均値を結んだ線がMA(移動平均線)な訳ですから、

それ以前の19本のローソク足のサイズを遥かに凌ぐ20本目が出現したとしたら、そりゃー形状も大きく変わって然るべし

 

だからこそ、MAをメインで使っている人は、期間が違う複数のMAや他の優位性と合わせて使っていたりするわけで、

MAから派生したボリンジャーバンドとか、その他諸々のインジの事を、「後追いだから使えない」なんて言ってる人は、

「集団心理」云々以前の問題で、出直してこい 以外にかける言葉は見当たらないわけです。

 

相場の原理原則的な視点や、各種インジケーターは、

その特徴と役割をしっかりと掴んで、そこを基準に「自分がやりたいトレード」に合わせて使うのであれば

どんなものであっても、めちゃくちゃ強力な武器になる事は間違い無いのです。

 

とまぁ、それは兎も角として、

 

それなりの結果で満足できる人は

「集団心理」や「大衆心理」なんて小難しい事は置いておいて、
てか、いっその事、どーせ使えないんならその存在自体を忘れちゃって、

「チャンスを待つ」や「休むも相場」の力を駆使して ジワジワのんびりと資金を増やして行けばいいと思います。

 

そもそも、トレードって言うのは、

資金が多い方が圧倒的に有利にコトを進められる非情な悪魔的ゲームなんですよ。

 

だって、考えても見てください。

 

もしもあなたが10億持っているとしますよ?
(物事を考える時は、「極大」と「極小」を考えていくと、その特徴がよく分かります)

 

したらば、1トレードにレバレッジを張る必要なんか1ミリも無いので、

資金に対する1%以下のリスクだけを取る超安全運転ロットでやればいいし、

すると1回1回のトレードに執着なんて生まれようが無いじゃないですか。

(仮に0.5%のリスクを取るとすると、それでも1トレードの許容損失額が50万円の勝負が出来る衝撃)

 

この前提条件の上で、ひたすらにダウ理論(=目線の概念)だけを信じて、

あ、もっと具体的に限定してもいいんですけど、

『日足の目線の方向に、1時間足の目線が揃った時だけエントリーして、1時間足が下目線になったら手仕舞いする』としましょうか。

(この際、細かいエントリータイミングはガバガバでOK!w)

 

1トレードに対するリスクも激低。

そのトレードに対する執着もほぼゼロ。

故に、エントリー&手仕舞いも無感情で施行可能。

 

“この状態”で、相場の シンプルかつ根源的な優位性に愚直に従えば、

相場環境によっては増えたり減ったりはしながらも、エントリーと手仕舞いの精度がガバガバだとしても、

しかし最終的な結果としては、ほぼ100%の確率でお金は増えているはずです。

 

「増え方」と「そのスピード」は分かりませんが。

 

それでもいいんなら、

トレードは至極easyゲームであり、単純作業になります。

 

でも、

 

実際問題として、そんな「膨大な資金」と「時間的ゆとり」がありますか?と。

 

 

「どっちも無いから本気でFXやってるんじゃねーかバカヤロウ」と。

 

「てか、もし仮にその2つがあったら、

端から こんな大変な想いしながら わざわざFXなんてやってないわ!!」と。

 

6年前にFXを知った当時、

お金」も「時間」も絶望的に無かった私が、

あなたに代わって、声を大にして”これ”を言ってやりたいと思います。

 

そして、

 

お金」も「時間」も無いならばこそ

『「傾向(=各視点で見た“優位性があるポイント”や“インジが出すサイン”)」を作っている「結果(=ローソク足)」、
そして “それら”を作り上げる大元となった「原因(=集団心理)」を把握する』

という事から逃げずに、正々堂々 真正面からぶつかり合って欲しいとも思うのです。

 

普通の神経を持っている人なら、

結果として「最終的には増える」と分かっていても、

日々の資産の増減に翻弄されて、冷静なトレードが出来なくなっていくものなんですよ。

 

「トレンドフォローでリスクリワードが良ければ、勝率は4割でも勝てる」

 

これは確かにそう。

 

ただ、それはその人が「鋼のハート」の持ち主であればな?と。

 

普通であれば、というか、尋常ならざる神経の持ち主以外は、

勝率4割って事は、10回やって6回も負けちゃうわけですから、

せっかく掴んだ残りの4回の勝ちのターンの時に、
「ひたすらテクニカルに従って利を伸ばし続ける」なんて芸当は出来なくて当然。

 

なんなら、

6回負けて、その次の7回目に「同じ戦い方」を仕掛けようなんて、

そんな気概さえすっかり失われている恐れすらありますよね。

 

その頃にはすっかり萎えちゃってると思うの。

 

てか実際、ひよっ子時代のスケーターさんはガン萎えしました。

 

それを「冷静に淡々とやれ」って?

 

無理無理無理無理w

 

「だって現実問題として、

目下 絶賛 負けまくり中なんだもん」と。苦笑

 

だからこそ 凡人の私は、

「精神を鍛え、鋼のハートを手に入れる」という“謎のジャンル”に血力を注ぐ前に、

「スキルで勝率とリスクリワードを高める方法」を模索しました。

 

その結果として辿り着いた答えのひとつが、

「集団心理が如実に見える部分だけを狙い撃ちにする」という方法だったのです。

 

 

「原因」が分かれば、「結果」が見える

 

結論から言いますと、「集団心理を読む」ということは、

“その考え方のコツ”を知って、その視点で相場を見る訓練さえ積めば、

なんの事はない、問題なく出来る様になります。

 

というか、厳密に言えば、

世に広く言われている「集団心理を読む」という事が、
“具体的に何を指しているのか?”という事が、人によって解説がバラバラ過ぎて未だにイマイチよく分からないので、

これは、「集団心理を読む」という事に対する、
私なりの“見解”と“結論”と“それを実戦に落とし込むための方法論”にはなってしまうのですが、

今まで積み重なってきた「結果(=ローソク足)」に着目して、
次に起こる値動きの「原因(=集団心理)」の部分を掴んでおいてしまえば、

高確率で 「“これから起こる値動き”を事前に知る事が出来る場面」を割り出す事が出来るようになります。

そう。

 

残念ながら、「集団心理を読む」という行為は無敵では無いんです。

 

すべての値動きを読み切ることは、

どんな方法を用いても、絶対に不可能。

 

すでに出来上がっちゃったチャートを見て、

「ここで買い方の損切りが一気に巻き込まれてあーだ こーだ」みたいな集団心理論を唱えることはいくらでも出来るんですが、

「集団心理」を元に“まだ見えていない値動き”を全部当て切るのは、さすがに無理があるんですよ。

 

これは相場誕生以来覆されることが 未だかつて 成されていない不動の真理としてまずは受け入れて下さい。

 

しかし、条件が整った場所さえ選べば、

「あ。この状態で こーなったって事は、
ここからは“ほぼほぼ間違いなく下げる”な。
みたいな、

限りなく高い確率で「未来の値動き」が見える瞬間”があることも事実なのです。

 

だったら、その瞬間だけ強気に攻めれば良くない?と。

 

なにも値動きをすべて読み切る必要なんて無いんです。

 

「分かる所」だけでガッチリ資産を増やして、

残りの時間は自由時間。その間に存分に人生を謳歌する。

 

FXはそれで十分。

 

というか、それが我々の目的だと思うのです。

 

しかしながら、それが なかなか叶わない からこそ

いろんな視点やインジを使って 変な所で余計な損を出したり、
いらん所でエントリーさせられて 長ーーーーい時間を費やして結果建値で終わったり、

そんな事をしている内に精神崩壊を起こしたりなんかして口座資金 全損、

結果として、お金も時間も気力も 何もかも すべて相場に持っていかれるハメになるのです。

 

私は「集団心理」を語った、

よくある“空想上のお話”には一切興味はありません。

 

実際に使えて、一定の結果が安定して出せるもの以外 必要ない。

 

繰り返しになりますが、すべての物事は、

「原因」があって、そこに「何かしらの動き」が加わり、「結果」が現象化します。

 

これは相場であっても同じで、これも何度も繰り返しておりますが、

「原因」とは「集団心理」であり、「結果」とは「それを受けて誕生するローソク足」、延いては「相場の展開」であるわけなのですが、

「何かしらの動き」、これが相場の場合では、規模が大き過ぎるが故、どーにも読み切れない・特定し切れない部分なのです。

 

だから私たちは、その部分は捨て置いて、

結果が生まれる為の土壌(=原因)が育ってきたかどうか?をまずは見極めて、

そこに対して不確定要素が放り込まれた後の値動き(=結果のみを利益に変えるべきなのです。

 

「ズドン!と行く確率が高い所だけ攻めて、あとは各々好きな事しよーよ」と。

 

これが私の主張であり、無責任にこれを言い放つだけではなく、

それを実現させるために相場に向き合いまくった結果、

なんとか気づく事が出来、その有効性を日々のトレードにおいて実感しまくっている2つの視点をご紹介したいと思うのです。

 

 

「売り買いの波を読む三種の神器」と「弓矢理論」

 

“そのような場面の見極め方・狙い方”を言語化し、

“出来る限り 実際の相場で使い易い形”にまとめたものが、

「売り買いの波を読む三種の神器」「弓矢理論」になります。

 

この2つの理論は、

メルマガ講座「0からのススメ」の1章トレード戦略のセクションが修了した方のみを対象にご案内させてもらっている、

それまでの1章の内容=相場の原理原則的な視点を「集団心理」という観点で繋げる為の、
『短期集中型「集団心理」マスター講座』的な位置付けである「補足セミナー通信」という、

極めてクローズドな有料講座のコンテンツの一部としてお伝えさせていただいていたものになります。

 

なので、いくら2021年とは言えど、いくらスケーターさんとは言えど、

“それら”をまるごとペロリと無料でブログに書いてしまうことは、流石に心苦し過ぎて出来ません。

 

ただ、です。

 

「売り買いの波を読む3種の神器」と「弓矢理論」の視点は、

「メルマガ講座「0からのススメ」の1章トレード戦略のセクションが修了した方のみを対象にご案内させてもらっている」

と言いましたが、“それを格安で世に出す”という方法を取らせていただきたいと思います。

 

元々、2つの視点をお伝えしている「補足セミナー通信」は、

先もお伝えさせていただいた通り、メルマガの1章が修了した時点でご案内させてもらっているのですが、

当のメルマガの1章の内容が濃過ぎて(&量も膨大過ぎて)、
案内がある段階で、“すべてのコンテンツをキレイさっぱり消化している”なんて事は起こり得るはずもなく、

となれば、そんな状態で誰も「さらにお金を払って勉強材料を追加で買おう」なんてしないなんですよ。普通に。苦笑

 

いや、変態は入ってくれる。

 

勉強材料と課題があり過ぎて、

もうほとんど溺れそうになっている状態なのに、

彼らは何故か、決して安くは無いお金(3万円)を出して、さらに勉強材料を買うのです。

 

そしてそんな変態だけが次々に勝てるようになっていくという構図。

 

 

この構図はこの構図で良いのだけれども、

てか、そうなって当然で、そうなって貰えないと困るのだけれども、

『「三種の神器」と「弓矢理論」を知らずして、
トレードで小資金から這い上がる事を、何を夢みたいに思
とんねん!』と私は言いたい。

 

圧倒的に現実だから、それ!!と。

 

全然出来っから!!と。

 

だって、「原因」さえ分かってれば、

次に起こる「結果」は誰でも分かるでしょ?と。

 

さっきから“これ”しか言ってないわけなんですが、

「原因→結果→傾向の部分」を具体化したものが、「三種の神器と弓矢理論」の本題の部分になるので、

詳しく詳細には言えないんですよ。ここでは。

 

兎角、そんなわけで、

「集団心理を掴んだトレードのヤバさ」をより多くの方に体現して頂きたいなという想いを全力で込めて、

2021年より【「売り買いの波を読む三種の神器」と「弓矢理論」伝授パック】を あたおか特価で世に出す事を決めました。

 

伝授パックの内容は以下の通りです。

 

【売り買いの波を読む三種の神器】レポート:PDF41ページ、全16,232文字

試し読みサンプル

 

「売り買いの波を読む三種の神器」のレポートでは、

『チャートの背景にある「集団心理」を利用して“売り買いのターン”を捉える視点』

を身につけていただきます。

 

そもそも相場の値動きには

「上目線」「下目線」以外にも、というか、その中に、

“売り買いのターン”というものが存在します。

 

そして、それは交互に訪れているわけなのですが、この部分を無視したままでいると、

「方向は合っていたのに、損切られてから思惑の方向に動いた」

みたいな事が起こってしまいます。

 

損切り幅をめちゃくちゃ広く取ることで、半ば無理くりに“この部分”はカバー出来ますが、

それでは負けた時のコストがデカすぎて、厳密には 勝率にもよりますが、トータルで大きなプラスは望めません。

 

また、「売られすぎ・買われすぎ」を視覚化してくれるオシレーターなんかでも、

ざっくりとこの部分をカバーする事は出来ますが、前述した通り、それは何テンポも遅れた情報なのです。

(これももう一度言いますが、「だからって使えない」って事は全然ないですからね!)

 

私は、最速で“売り買いのターン”を把握し、勝率と高いリスクリワードを確保する為に、

ローソク足自体を「三種の神器の視点」で直接読むという方法を採用しております。

 

と言っても、何か特別な魔法みたいな方法があるわけではなく、

相場の原理に基づいて、それらを組み合わせて“1つの視点”として使っているだけです。

 

それをご自身でチャートを見まくって気付ければ、このレポートは必要ありません。

 

しかし、いくらチャートと向き合っても“売り買いのターン”を掴む方法が見えてこないのであれば、

このレポートに書かれた内容をご自身にインストールしてもらって、

その状態で 改めて 値動きを観察していただいた方が、圧倒的に時間の節約になると思います。

 

ただし、このレポートを読んだだけでは、

残念ながら「三種の神器の視点」は使いこなせません。

 

なので、

この視点を身につけていただく為に、

“あるトレーニング”に取り組んで頂きます。

 

【集団心理を鷲掴みにする!「値動きストーキングマラソン」】レポート:PDF28ページ・全9,738文字

試し読みサンプル

 

2つ目のレポートでは、

「売り買いの波を読む三種の神器」のレポートを読んでいただいた方の声を紹介させてもらいつつ、

「使い方のコツ」「すでに学んで知っている概念との組み合わせ方」をお伝えさせてもらった後に、

「三種の神器の視点を身に付けるためのマラソン」をお出しさせてもらっております。

 

ちなみに、レポート冒頭でメッセージをご紹介させてもらったNさんは、

努力の末に、無事に月100万円島に到達されております〜(*´∀`*)祝!!

 

あれだけ喜んでもらえて、

「しかし結果は全然出なかった」みたいな地獄パターンにならなくて本当によかった。涙

 

しかしながら、

それもこれも、ご本人様が並々ならぬ努力を重ねた故の結果であって、

繰り返しになりますが、レポートを読んだだけでは勝てるようにはなりません。

 

だからって、検証しろ!だけ言ってても仕方がないので、

「具体的には 何を どう検証すればいいのか?」という部分について、

このレポートでは詳しくお伝えさせてもらっております。

 

また、「マラソンって?何それ?」となっておられる方は、

きっと私のブログ・メルマガを まだあまり深く読み込んでくれていない方だと思いますので、

その場合は、【伝授パック】を購入する前に、無料メルマガの方でがっちり「相場の原理原則的な視点」を身に付けて来ていただければと思います。

 

実践型メルマガ講座「0からのススメ」はこちらから無料でご参加いただけます
https://fx-skater.com/wp/advances-from-zero/

 

お金を出す前に、やるべき事はたくさんありますよ!!

 

では、最後の仕上げと参りましょうか。

 

「まだあるんかい!」って言わないでね。

 

【「弓矢理論」〜基本原理と使い方〜】レポート、口伝動画:PDF8ページ・全2,307文字、動画約50分

試し読みサンプル

 

レポートの部分は ほとんど出しちゃったわけなんですが、

「弓矢理論」は、その性質上、文章でお伝えするよりも口伝(くでん)させていただいた方が理解が深まるだろう という事で、

約50分の動画でその全容と使い方を詳細にお伝えさせていただいております。

 

動画の形式としては、私が一方的に弓矢理論を説明するセミナー形式ではなく、

勉強会に参加してくれた方に対してその場で「弓矢理論」について解説させてもらっている様子をご覧いただく形になります。

 

この形式だからこそ、痒いところに手が届く的なコンテンツに仕上がっているかと思いますので、

動画をご覧になる際は、ぜひともその時の勉強会に自分も参加しているつもりでご覧くださいませ( *´艸`)

 

で、

 

この「弓矢理論」について、簡単にご説明させていただきますと、

この理論は、先の「三種の神器の視点」にプラスして使ってこそその真価が発揮されます。

 

具体的な用途としては、

・「売り買いのターンの切り替わり」をより明確に判断する
「思いっきり伸びていく波」と「そうでない波」を実際にレートが伸びてしまう前に見分ける

 

と、

 

以上が【「売り買いの波を読む三種の神器」&「弓矢理論」伝授パック】の全貌になります。

 

上記のすべてのコンテンツを、

こちらの「ターミナルPDF」を通してお受け取りいただきます。

 

また、今後に追加のコンテンツを作成した際は、

“このターミナルPDFを更新する”という形でレポートなり動画なりを追加配布して行きますので、

伝授パックをご購入いただいた後は、このレポートは無くさない様によろしくお願いいたします。

(もし無くされたとしても、お問い合わせいただければ再送させていただきますので、その点はご安心ください)

 

価格は5,000円(税込み)。もちろん「買い切り」形式です。

 

参加費は 問題なく速攻で相場からもぎ取れるはずです。

 

それでは、ここまでで記事がだいぶ長くなってしまいましたので、

購買意欲を煽るトドメのあとがき的なもの や 購入者の声的なヤツは一切無しにして、記事を締めたいと思います。

 

「売り買いの波を読む三種の神器」と「弓矢理論」が、必要な方だけの手に渡ること、

そして、手にとっていただけた方の飛躍の助けになることを、心よりお祈りしております。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

———————————————-

【「売り買いの波を読む三種の神器」&「弓矢理論」伝授パック】
〜内容〜
・「売り買いの波を読む三種の神器」原理と使い方解説レポート(PDF41ページ)
・三種の神器の視点を落とし込む為のコツ&「値動きストーキングマラソン」のやり方解説レポート(PDF28ページ)
・「弓矢理論」の基本原理と使い方を伝授する為の口伝動画(PDF8ページ&動画約50分)

参加費:5,000円(税込み)

ご参加はこちらからどうぞ
https://essenceoffreedome.com/selfmanagement/purchase/?id=qQ7AaMYdhdwysTN6

(こちらの伝授パック内のすべてのコンテンツは、
「1章補足セミナー通信(参加費30,000円)」の中でお配りしているコンテンツと同じものになるので、
すでに補足セミナー通信にご参加いただいている方は、間違えて購入しない様にご注意ください)

(伝授パックに参加いただくと、「1章補足セミナー通信」への参加費が25,000円に値引きされますので、
将来的に「補足セミナー通信」への参加も予定されている方でも損なく伝授パックへご参加いただけます)

———————————————-

 

”購読者のほとんど”が自分の成長を実感!楽しく学べる本格「勝ちトレーダー」養成プログラム


知識0から”自分に合ったトレード”を見つける方法を学び、

最短最速で”勝てる自分”を作り上げるための実戦型無料メルマガ講座


「0からのススメ」


<講座内容>


【スケーター的FX投資術のススメ】のメイン講座を軸に、

各記事の内容をさらに細かい所まで深く掘り下げて解説し、

“相場の原理原則”“本質の部分”

“実際のトレードへの活かし方””自分への落とし込み方”などを、

丁寧に、段階的に、様々な例え話を交えながら楽しく学んでいきます。


また、あなたが成功までの道のりをスムーズに進んでいけるように、

人間の心理脳のメカニズム世の中を支配する普遍的な法則などを活かして、

あなたを”成功不可避の状態”に無理なく導いて行きます。


加えて、学んだ事を”実戦で使えるレベル”に昇華させる為の「ワーク」や「マラソン」など、

あなたの成長を加速させる実践課題をふんだんに盛り込みました。


当メルマガ講座は、FXの正しい知識がほとんどない状態からでも 

”愚直にやれば” ほぼ間違いなく、相場全体の約1割と言われている

「勝ちトレーダー」になることが出来るプログラムを提供しており、


最初の約3カ月にわたる「1章トレード戦略」を学びえた段階で

”ほとんどの人”が自分自身の成長を実感することが出来ていて、

その中の半数以上の人が月トータルプラス収益を実現させています。


もし、あなたが今、何かのFX教材の購入を検討していたり、

本格的にトレードを学ぶことが出来る場を探しているならば、

まずは1年間、真剣にこのメルマガ講座で学んでみてください。


きっと、来年の今頃は、

”今のあなた”からは想像が出来ないほどに、

”トレードの質”と”人生の質”が向上しているはずです。


<メルマガ購読者限定プレゼント>


メルマガ講座登録時プレゼント

「勝ちトレーダーの15ヶ条」チェックリスト

目指す姿が分かっていれば、あとはそれに向かって進むだけ!

「勝ちトレーダーの15ヶ条」チェックリストは、あなたの成長の指針となります。


 


購読費用:無料


今すぐプレゼントを受け取り
「0からのススメ」を受講する

最新の更新情報が受け取れます。

    

コメントを残す

*

CAPTCHA