「過去の自分」を超えて、着実に成功に向かって進んで行くための「人生の時間軸」の捉え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


FX初心者ランキング

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

どうも。投資家スケーターです。

 

トレードをやっていると、とんでもない目に合う事がしばしばあります。

 

特に、トレードを始めて間もない頃は、

FXに対する「夢」と「期待」ばかりが先行して、

今思えば「危なっかしいなーオイ!」としか言いようが無い事も、

何の悪気もなく平気で、いや、むしろ嬉々としておこなってしまうモノです。

 

また、その頃は、その時に起こったバットな現象に対して、

「何故そのような事が起こったのか?」

なんて原因などを考える余裕なんてものはさらさら無く、

その出来事によって、ただただ心に深い傷を負う事になってしまう事が多いです。

 

そしてそれが、不運にも、

その後のトレード人生までに大きく影響を及ぼしてしまう大事件だったとしたら・・・・。

 

と言うわけで、今回の記事では、

私の元に届いたメルマガ読者さんからのメールを見て行きながら、

「過去に負ってしまった深い傷をどのように乗り越えて行けばいいのか?」

という事を考えていき、そこから、

「過去の自分を超えて、着実に成功へ向かって進んでいくための人生の時間軸の捉え方」

という事でお話をさせていただきたいと思います。

 

「古傷」は決まって雨の日に痛み出す・・・

 

というわけで、まずはメルマガ読者Kさんからのメールをご覧ください!

 

投資家スケーターさん
こんにちは。Kです。

私は今日まで
「目線マラソン」
「エリオットマラソン」
「ライン格付マラソン」
を時間を作ってはやっています。

ただボリバンマラソンだけはどうしてもできません。
過去にボリバンを使って逆張りをして、大金を失ったからです。(20万円ですが)

だからそれ以来絶対使うもんか!と決めてそれ以来使っていません。

ただ今回のマラソンでやってみようと思い、ボリバンを表示したのですが、
イライラ ムカムカ ドキドキ
してしまって、冷静に見ることができませんでした。

何か克服方法はありますか。

また、ボリバンを使わずに今後のメルマガに対応できますか?

よろしくお願いします。

 

メルマガ講座の方では、まずは「1章トレード戦略」として、

「チャートを読むための基本的な視点」を身に付けてもらっています。

 

また、それをご自身の身に沁み込ませるために、

「マラソン」と称して、各チャートを読む視点ごとに絞った検証をおこなってもらっているのです。

 

そしてこのメールをくれたKさんは、

過去にボリンジャーバンドを使った逆張りで大火傷を負った事があり、

そのせいで、

相場のボラティリティのサイクルを身に沁みさせる「ボラボラマラソン」で、
ボリンジャーバンドを表示させると、どうしても心がざわついて検証が出来ない・・・

という現象に悩まされているようなのです!

 

さて。

 

もしもあなたがKさんの様な状況だったら、一体どうしますか?

 

ちょっと考えてみて下さい^^

 

OKでしょうか?

 

それでは、考えてもらったそれを踏まえて、

次に、そんなKさんに対する私の返信をお読みいただきたいと思います。

 

投資家スケーターがKさんのメールで思った「4つの事」

 

Kさん、おはようございます!
 
投資家スケーターです。
 
 
いま、ちょうどPCの前でメールボックスを開いていた所に、
Kさんからのメールが飛び込んできたので、
爆速で返信をさせていただきたいと思います!( *´艸`)
 
 
まず、いただいたメールを読んで、
思わず「ふふふ( *´艸`)」とほくそ笑んでしまいました。
(あ、悪い意味じゃないですよ。汗)
 
 
では、本題に入りますが、
 
まず前提として「ボラボラマラソン」は、
相場のボラティリテイの変化のサイクルを体感してもらう、
というのが、主な狙いとしてあります。
 
その為に、ボラの変化を視覚的にとらえやすくするために、
ボリンジャーバンドというツール(道具として、と言う意味です)を使用します。
 
なので、
 
このマラソンと、
Kさんが過去にボリバンの2σタッチの逆張りで
20万円を失ったことは、何の関係もありません。
 
繰り返しますが、
この「ボラボラマラソン」の趣旨は 、
「相場のボラティリテイの変化のサイクル」を体験する事です。
 
体験しまくって、無意識レベルで、
ボラティリテイと言う視点で見た時に
「次はこうなる可能性の方が高いなぁ」
という事を、パッと判断できるようになって頂きたいのです。
 
まず、この点を抑えていただければな、と。
 
 
次に、ん~~~~、どこからお伝えしようかな・・・・。
 
お伝えしたい事がたくさんあるので、
ちょっとメールが長くなることをご了承くださいね!笑
 
 
改めまして次に、
 
ボリバン2σタッチの逆張りは、有効に機能する時と、そうでないときがあります。
 
そして、そもそもボリンジャーバンドは、
本来は逆張りに使うインディケーターではありません。
 
むしろ、トレンドフォローに使うのがメインの使い方なのです。
 
何故なら、
この理由も「ボラボラマラソン」の狙いと似通ってくるのですが、
ボリンジャーバンドは主に相場のボラ拡大・縮小を見ていく為のものだからです。
 
ちなみに、ボリバンを使った逆張りをするならば、
上位の時間足のボラティリテイが拡大⇒縮小に向かう場面で、
その上位足的にこれからレートが動いて行きそうな方向のみに、
短期の時間足でのボリバンの±2σでレートが反発した時だけ行います。
 
 
じゃあ逆にどんな時にやっては いけないのか?というと、
上位時間足のボラのサイクルが
「拡大したばっかりの状況」or「沈静化して久しい状況」です。
 
だって、このような状況では、
ボラがドーーーン!と拡大する可能性の方が高いので、
そうなってくると、短期の時間足のボリバンがエクスパンションを起こす可能性が激高になります。
 
よって、そんな時に±2σに向かってきたレートに
対して迎え撃つようなポジションを取ると、
拡大していくボリンジャーバンドと共に、
どこまでも引かされることになるのです。
 
だから相場のボラティリテイのサイクルを把握しておくことは、もう死ぬほど大切なのです。
 
何故なら、それを把握しておかないと、文字通り、死ぬからです。苦笑
 
 
また、ボラティリテイのサイクルというのは、
トレーディングを行うために明らかにして行かなければならない要素の中では、
 
”もっとも読みやすい要素”
 
と言っても過言ではありません。
 
 
その理由としては、相場って言うのは、
 
ドーーン!と拡大⇒徐々に縮小⇒沈静化⇒またドーーーーン!
 
と、ほぼほぼ単純にコレを繰り返しているからです。
 
 
だた、時間足によっては、
このサイクルが目まぐるしく変わるものもあ るので、
「ボラボラマラソン」では、
”それ”をご自身で確認して身に沁み込ませて欲しいのです。
 
ヒントを言うと、
長期足のボラのサイクルはゆったり、
短期足のボラのサイクルはせっかち、
です。
(↑ヒントというか、むしろもうこれが答えです!笑 
でも「知識として知っている」だけじゃなく、実際に体感してみて下さいね!)
 
 
 
そして最後2つ。(←いやもうお前「最後」って言葉に後で謝っとけよ?)
 
 
これはマインド的な部分の話になって来るのですが、
 

①「過去の自分」は、「今の自分」とは全く別人である

 
という考え方を是非採用してください。
 
例えばこれは、「そういえば学生の頃は○○だったなぁ~」みたいな事です。
 
このように、ヒトって、ものすごーい過去の事だったら
「今の自分は違うけど」と言う前提を持って「今」を考えられるのですが、
それが例えば「1年前」とか「1か月前」とか「1週間前」とかになると、
「今の自分」と混同してしまうのです。
 
でも実は、「昨日の自分」や「1分前の自分」であっても、
それは、「今の自分」とは、全く別人なのです。
 
 
「過去」は過ぎ去った瞬間からもう「過去」で、「今」とは”別”です。
 
 
ただ、この地球上に生きている人間の9割は、
ふっつーーーに「3年前くらいの自分」までは「今の自分」と同じと思って生きています。苦笑
 
 
しかしそれは幻想です。
 
 
じゃあ、一体誰がこんなことを決めて、そう私たちに信じさせたのでしょう??
 
 
それは、「自分自身」なのです。
 
 
そう。
 
 
「モノの考え方」とか「起こった事象に対しての解釈」とかは、
す べ て、「その時その一瞬の自分」が勝手に決めているだけなのです。
 
 
これを「解釈の自由」と言う風に私は呼んでいます。
 
 
だから、文字通り、解 釈は 自由 なのです。
 
 
なので、
 
「過去にボリバン2σタッチでエントリーして20万円やられた」
=「ボリバンなんて見たくない!」
 
ってのは、
 
「Kさん自身がそういう解釈を採用している」と言う以外に無くて、
 
であれば、
 
「過去にボリバン2σタッチでエントリーして20万円やられた」
 =「ボラティリティのサイクルが意識できていなかった」
 =「ボリバンを正しい使い方を学ぶきっかけになった!」
 
という風に解釈を変えればいいのです。
 
 
「過去に経験した恐怖や絶望は、
すべて、今の自分自身をより良くするために起こっ た」
 
というパラダイム(物の見方や考え方)を採用してください。
 
 
これを昔から「教訓にする」といいます。
 
 
「教訓にする」というのは、
「過去の傷」を「自分の資産」に変える魔法の言葉なのです^^
 
 

②20万円は大金ではない

 
そしてこれが本当の最後です。
 
ぶっちゃけ、20万円は全然大金じゃありません。
 
 
はい。こういうと、私がすごい嫌なヤツに感じたかもしれませんが、
 
これは「私」の視点から言っているのではありません。
 
 
近い未来のKさんの視点から言っています。
 
 
これも、① でお伝えしたと同じく、
「時間軸の捉え方」の話になって来るのですが、
 
時間って、未来から流れてくるのです。
 
 
でも、ほとんどの人は「過去の延長線上に今がある」と思っちゃってます。
 
 
まぁ、私たちの目に見える3次元的な世界だけしか見えていないと、
こう思って当然、というか、こう思う以外に無い、くらいになって来るのですが、
残念ならがこれは、途方もないくらいの勘違いであって、
「ちょっとあんた、なにゆーてますねん」以外の何物でもないです。
 
 
時間は、未来から流れて来ています。
 
 
これは、世の成功者の考え方を参考にすれば一発でわかります。
 
 
例えばイチローや、
サッカーの本田選手(星稜高校!私と地元が同じ!)の、
小学校の卒業文集とかを、ネットで検索して見てみて下さい。
 
 
彼らはパンパじゃない臨場感を持って、
その時すでに「自分の未来の姿」が見えています。
 
だから、そっちの方に進むために必要な行動を躊躇なく取れるし、
だからこそ「それが現実のものとなった」のです。
 
 
かく言う私も、
 
小さいころから「まぁ自分はお金に困る事は無いだろう」と、
謎に心の底から強く強く思ってました。
 
 
なんの確証もないのに、です。
 
 
これって、映画とか見ていて、
序盤で主人公が絶体絶命の大ピンチになっても、
「いや、ここで主人公死んだらわけわからんし、絶対に助かるやろ」
って先が読めてしまうのに近いです。
 
根拠は特にないんだけど、
「絶対に大丈夫」
と当たり前のように信じることが出来るという感覚です。
 
 
で、
 
 
メルマガ講座がもっと進んだら、
私のクソビンボーだった20代のストーリーを語らせてもらうのですが、
その時はお金が無さ過ぎて心 までちょいと病むレベルだったのですが、(苦笑)
 
その時ですら、
 
「や、ゆーても最終お金には困らないはずだし、まーなんとかなるっしょ」
 
と思ってました。
 
 
そして、25で結婚をし、子供が出来て、
そのタイミングで私の人生を揺るがしまくるバッドイベント(と、そのころは思っていた)が発生して、
強制的にその「謎の自信」を「現実のもの」にさせなきゃいけなくなり、
今現在、なんですが、その出来事から大体2年ほどで、本当にお金にはひとつも困らなくなりました。
 
7か月で利益は出せるようになりましたが、
その後もトレードに対する苦悩や先への不安が余裕であったので、
「大きなお金は入ってくるようになっ たが、お金に困っていた」と言う状態でした。
 
その意味では、本当にお金に困る事が無くなったのは、実は最近なのです。)
 
 
や、フェラーリとか家とか、そんなんは全然買えませんし、
ぶっちゃけ貯金も全然ないのですが(←これはちょいと問題アリ!笑)
 
「んなもん余裕でいらねーよ。」
 
と腹の底から思えるようになった、
と言う所も含め、今はお金には1ミリも困っていないのです。
 
 
ちょっと話が逸れた気がしますが、
 
結局、自分がどのようなパラダイムを採用するか?がすべてです。
 
 
そして、採用するパラダイムが変われば、
 
必然的に自分が起こす行動が変わってきます。
 
 
だから最終的には、本当に現実も変わるのです。
 
 
な の で、20万円は全然大金ではありません。
 
 
と、未来のKさんが言ってました( *´艸`)笑
 
 
 
というわけで、ご参考になれば幸いです!
 
ガンガン行動していきましょう!
 
 
投資家スケーター

 

『「今の自分」は「過去」の延長線上にある』という解釈を採用していると、「出来ない言い訳」しか出てこない

 

というわけで、いかがでしたでしょうか?

 

今ご覧いただいた私からのKさんへの返信では、
大きく分けて”4つの事”をお伝えさせていただいたのですが、

本当に重要なのは

「ボリンジャーバンドの使い方や意味」、
「相場のボラティリティ」についての事では一切なく(←あ、もうそれ言っちゃうんだ)

「過去に自分に起こった悪い出来事への捉え方」や、
「20万円というお金の捉え方」の方だと私は思いました。

 

そして、

 

今、本当に問題になっている事象の抽象度を上げると、

今現在のKさんの中に存在する「早急に解決すべき問題」は
「人生の時間軸に対する捉え方や考え方」の方である、

という風に強く思ったので、

普通の人に聞かれたら
「いやなんかめちゃくちゃ怪しいな~オイ」
と、ほぼ絶対に思われてしまうであろうような事を、

「いやいや、むしろこっちが世の中の真実ですよ」

と言わんばかりに、ひょうひょうと超真顔でお伝えさせていただきました。笑

 

で、

 

実際にほとんどの人って、かなりの確率で、

『「今」は「過去」の延長線上にある』

という捉え方(=パラダイム)を採用しています。

 

早い話が、だから特にな~んにも出来ないまま死んでいくんですね。

 

だってそんな事言ってたら、

新しい事なんて、何にも出来るようになるはずがないし、

「自分の理想とする姿」になんて、なれなくて当然だからです。

 

現に、普通の人たちは、

「天才、もしくは、もともと才能があった人しか成功できない」

とごくごく普通に思ってしまってます。

 

これは、私が「今の自分の現状」を話すと、
それを聞いた周りの人とかからめちゃくちゃ言われる事なのですが、

「あなたは元々も才能があったからそんな風になれたんでしょ?
私は○○が苦手だから、(もしくは、○○が出来ないから)絶対にそんな風になれないと思う。」

って、99%の確率で言われるんですね。

 

スケートボードという「自由の象徴的な乗り物」に心魅せられてやまない男たちですら、

ほとんどの場合、ほとんどの人は、こう言うのです。

 

で、

 

このような発言に対して、私はいつも、

「はい、さよなら~」

としか言いようがなくなってしまいます。

 

だって、これって、ただの「やらない言い訳」でしかありませんから。

 

であれば、私としても、

そんな人を無理に引っ張っていく暇も筋合いもまったく無いので、
(だって私の周りには、あなたを含め、自発的に上がって行こうとしている方が大勢おられますから)

「うん、じゃあ別にやらなくていいんじゃない」

と言う以外に無くなるのです。

 

冷静になって考えてみて欲しいのですが、

そんなしょうもない言い訳を続けていて、

一体だれが得をして、喜ぶのでしょうか?

 

まぁ、「あいつもずっと相変わらずだし、別におれもこのままでいっか~」みたいな、

周りの人への「低い水準で留まり続けることに伴う苦しみに対しての緩和剤」的な役割は果たすかもしれませんが

「や、あんた本当にそんなんでいいんかい?」

と、私はめちゃくちゃ強く思ってしまうのです。

 

『「時間」は「未来」から流れてくる』という解釈を採用していると、「やる気」と「出来る気」しか湧いて来ない

 

逆に、ですよ。

 

「時間は未来から流れてくる」という解釈を、デフォルトで装備していれば、

自分の興味や情熱を120%向けられるものならば、なんでも出来てしまう

と、私は自分の実体験から感じていますし、

これは誰にでも、なんにでも当てはまると思っています。

 

ただし、このように思えるようになるためには、

自分の人生を前に進めざるを得なくなるようなイベントが発生しないとちょいと難しいのかな

とも思います。

 

とどのつまり、

やらざるを得ない状況に陥らないと、
基本的にレイジーな私たち人間は「現状を維持し続けようとする」、

という事。

 

これは、人間ならば誰もが持っている普遍的な心理なんです。

 

しかし、私のブログのような、

一般常識からかなりの乖離っぷりを見せまくっている危険思想たっぷりの読み物を、(←言い過ぎ)

ここまで真剣に読み込んでくれているあなたは、

この点は余裕でクリアしているモノとしてお話を先に進めたいと思います。

 

そして、そんなあなたであれば、

近い将来に必ずやトレードを通じて成功を収めたいと思っているハズだと思います。

 

であれば、そんなあなたは確実に、

「時間は未来から流れてきている」という解釈を採用すべきです。

 

この解釈は、自分が想い描いている姿へ着々と近づいて行くためには、必須の解釈になります。

 

何故なら、この解釈を採用すれば、「やる気」と「出来る気」しか湧いてこないからです。

 

ただし、ある程度進んでしまうまでは、不安は付きまとってくるかもしれない。

 

が、それもまた人の常です。

 

言ってしまえば、それはしゃーないってことです。

 

でも、「時間は未来から流れてくる」というパラダイムを採用していて、

未来には確実に自分のなりたい姿になった自分が居る、という事に確信を持つことが出来れば、

その不安をも「自分の情熱」を燃やす燃料に変えて行くことが出来ます。

 

そして、「過去に起こった辛い出来事」や「苦しかった記憶」は、

『「今の自分」をより高めていく為に存在したのだ』

という風に思えるようになります。

 

だって、その道を進んだ先には、確実に「自分の理想の姿」があるんだったら、

それ以前に起こった事は、
すべて、その「理想の自分」になるために必要なイベントだった、
ということになるわけで、

逆にどれかひとつでも抜ければ、「今のあなた」は存在し得なかった、という事になるからです。

 

起きた事すべてに意味がある、

・・・かどうかは、厳密に言えば誰にもわからないのですが、

だったら自分がそう解釈すればいいのです。

 

私たち人間の体は、この3次元の現実世界に起こった事を知覚できる機能を兼ね備えています。

 

例えば、

いきなり熱いものを触ったら「あつッ!」ってなるし、

いきなり寒い所に行けばガクブルに体が震えます。

 

が、

 

「何故そのような事が起こったのか?」という事は、

知覚機能を通して”それ”を感知した「あなた」が自由に決める以外に無いのです。

 

だから、その起こった出来事を「学びに変えるか」、

その起こった出来事で「ふてくされて、それにとらわれ続けるか」は、あなた次第なんですね。

 

だったら超えて行こうぜ、と。

 

辛い事すら自分を高める糧にして行こうぜ、と。

 

そして、

”それ”を積み重ねる事で、
自分が想い描いている「理想の未来」は、
必ずこっちに向かって進んで来ていると信じようぜ、

って事なんです。

 

というわけで、

なんだか、ただただひたすらに根性論を語った、みたいになってしまいましたが、

そもそも根性がなけりゃなんにも出来ません。

 

その上に「正しい理論」とか「正しい学習法」とか、

そういった「進んで行くために必要な要素」を乗っけて行って、初めて自己実現が成るのです。

 

とどのつまり、「決してその歩みを止めるな」という事

 

つーことで、今回は、

過去の自分を超えて、成功へ着実に向かって行くための「人生の時間軸の捉え方」

をご紹介しました。

 

改めて最後におさらいをしますと、

・「過去の自分」と「今の自分」は別人である

・時間は未来から流れてくる

そして、そもそも論として、

・起こった出来事に対する「考え方」とか「捉え方」というものは、
 自分が解釈したいように自由に決められるものである

ということでした。

 

要は、自分の未来を信じて進むしかないでしょ、って事です。

 

世の成功者は、おそらく全員、

自分の未来を信じて疑わず、
辛いことがあっても、それをも糧にして、
「自分の理想とするゴール」までの歩みを決して止めなかった、

というだけなのです。

 

そして私は、

あなたが「その道」をまっすぐ進んでいけるような環境を、

どれだけ時間がかかったとしても、すべて整えます。

 

それが今の私のお役目、

そして、今の私がさらに成長して行くための最善の方法だと思っておりますので、

これからも、アゲ合い、高め合っていきましょう!

 

最後に。

 

この様な話をするきっかけを作ってくれたKさんに最高の感謝を。

 

それでは、

今回も大変長い文章になってしまいましたが、

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

”購読者のほとんど”が自分の成長を実感!約1年間に渡る「勝ちトレーダー」養成プログラム


知識0から”自分に合ったトレード”を見つける方法を学び、

最短最速で”勝てる自分”を作り上げるための実戦型メルマガ講座


「0からのススメ」


<講座内容>


【スケーター的FX投資術のススメ】のメイン講座を軸に、

各記事の内容をさらに細かい所まで深く掘り下げて解説し、

“相場の原理原則”“本質の部分”

“実際のトレードへの活かし方””自分への落とし込み方”などを、

丁寧に、段階的に、様々な例え話を交えながら楽しく学んでいきます。


また、あなたが成功までの道のりをスムーズに進んでいけるように、

人間の心理脳のメカニズム世の中を支配する普遍的な法則などを活かして、

あなたを”成功不可避の状態”に無理なく導いて行きます。


加えて、学んだ事を”実戦で使えるレベル”に昇華させる為の「ワーク」や「マラソン」など、

あなたの成長を加速させる実践課題をふんだんに盛り込みました。


当メルマガ講座は、FXの正しい知識がほとんどない状態からでも 

”愚直にやれば” ほぼ間違いなく、相場全体の約1割と言われている

「勝ちトレーダー」になることが出来るプログラムを提供しており、


最初の約3カ月にわたる「1章トレード戦略」を学びえた段階で

”ほとんどの人”が自分自身の成長を実感することが出来ていて、

その中の半数以上の人が月トータルプラス収益を実現させています。


もし、あなたが今、何かのFX教材の購入を検討していたり、

本格的にトレードを学ぶことが出来る場を探しているならば、

まずは1年間、真剣にこのメルマガ講座で学んでみてください。


きっと、来年の今頃は、

”今のあなた”からは想像が出来ないほどに、

”トレードの質”と”人生の質”が向上しているはずです。


<メルマガ購読者限定プレゼント>


メルマガ講座登録時プレゼント

「勝ちトレーダーの15ヶ条」チェックリスト

目指す姿が分かっていれば、あとはそれに向かって進むだけ!

「勝ちトレーダーの15ヶ条」チェックリストは、あなたの成長の指針となります。


今すぐプレゼントを受け取り
無料メルマガ講座を受講する

最新の更新情報が受け取れます。

    

コメント

  1. 明日香 より:

    いつも膨大な励ましの言葉ありがとうございます!
    スケーターさんのブログは一冊の本になりそうですね!
    (もちろんそんなことは望んでいらっしゃらないでしょうが…)
    いろんな気づきが得られFXの手法よりももっと大切なものを
    学ばせていただいている気がします!
    そしてとても元気になれます(*’▽’)
    未来の自分に向かって笑えるよう頑張ります!

  2. 山前 より:

    またここを読み返しました。

    過去の自分と今の自分を切り離すという考えにハッとしました。
    過去からさまよい出てきて、おのれにまとわりつき、底無し沼に引きずり込もうとするもの(すごいまがまがしい感じですが 笑)の退治法ですね。

    少々たるんできた自分に喝(むしろ「活」か)を入れて、未来からのエネルギーを受け取ろうと思っています。

    スケーターさんがブログの最初でおっしゃっていた、未来の自分をくっきりと思い浮かべろ!という事の大切さ、これがないと過去にどんどん引きずられる危険性を思い起こしています。

    では、やるべきことに戻ります!

  3. 豊田 より:

    こんばんは。

    昨日のメルマガ、3時間以上かけて読ませて頂きました。
    実際に上位足と下位足のチャートを見ながら読んでいくと、3時間以上かかりました。
    そのため、一通り読み終えたら疲れ果てて寝てしまいました(笑)

    ですが、いつものことですが、メルマガで勉強してFXで勝ち組になろうとする私達に対する優しさ愛情を感じずにはおれません。
    本当にありがとうございます。
    1日も早く「満足できる利益を得られるようになりました」と報告し、スケーターさんに喜んで頂きたいと思います。自分のためでもありますが、ここまでして下さるスケーターさんを喜ばせたいと心底思います。

    時間は未来からやってくるのお話、わかったようなわからないような。。。。
    でも、イチロー選手や本田選手の卒業文集は私もテレビで見た記憶があります。
    そうなんですよね。
    未来の自分の姿をどれだけ具体的に想像できるか、これが夢を現実にするために一番大切なことなんですよね。その時に少しでも否定する気持ちや疑いがあると実現できないんですよね。
    私も日々、独り言で未来の姿を宣言しています。周囲からみると、変人ですね(笑)

    これから、この3、4日分のメルマガを復習します。
    なかなか難しくて、あまり理解出来ていなかったので。

    遅い時間に失礼かと思いましたが、スケーターさんからの励ましに感激したので、メールしました。

    スケーターさんからのメルマガが届く限り、諦めずに前に進みます。
    これからもわかりやすい、優しいメルマガをよろしくお願いします。

    インフルエンザ、お気をつけ下さい。

コメントを残す

*

CAPTCHA