【2年ぶりにメルマガが書き上がりました】”おふくろの味”の正体【第119回メルマガ講座 掲載】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

 

みなさん、事件です。投資家スケーターです。

 

2年越しに、やっと最新のメルマガ書き上がりました。

 

タイトルは、「”おふくろの味”の正体」

 

とんでもない歳月を経て、

やっとやっと出たFXの無料メルマガの最新号のタイトルが、

「いや、なんの話!?(゚Д゚≡゚Д゚)」となる衝撃です。

 

思い返せば、この2年。

 

書いてる途中に、

「自分は一体、なんの話を一生懸命にしているんだろう?これ(゚Д゚)」

と何度立ち尽くしたか 分かりません。

 

それでも、伝えたい事があるから走り切りました。
(↑もういいから黙れ)

 

それでは、心を込めて歌います。

 

聞いて下さい。

 

投資家スケーターで、おふくろの味の 正体。

 

(冒頭では全力でふざけましたが、ここから先の内容はガチです。

これからお読みいただく第119回メルマガ講座は、
「0からのススメ」にご登録いただいてから183日後に届きます。

知識0・スキル0の地点から「自分の得意技を見つける」為に必要な
すべての視点や概念を無料で公開しておりますので、是非ご活用下さい。)

 

FXの講座なのに「食」の話をしている理由

 

どうも。投資家スケーターです。


前回の第118回メルマガ講座では、

『「食を変える」という最強の投資を始めよう!』

と言うことで、

普段私たちが、
食事をする際によく使う「箸」のルーツと、
「いただきます」という言葉の本当の意味から、

”食べ物との向き合い方”

についてお話しさせていただきました。


今回の第119回メルマガ講座も、引き続き、
「食」に関する内容でお届けして行きたいと思うのですが、

第118回から この第119回が出るまでに、
丸2年ちょいかかってしまっているので、
(↑サラッとすごいこと言ってる)

『そもそも、FXの講座なのに、
何故「食」の話をしているのか?』

という部分の再確認から行きたいと思います。

 

結論から申し上げますと、

「食」に限らず、

”MPを上げる”と言うことが、

トレードの成績にとてつもなく大きく関わってくる事項だからです。


「MP」とは、体力とは別にある「心の力」みたいなものとイメージしてください。

RPGゲームに出てくる様な、まさに”あれ”です。


足りなかったら、呪文が唱えられないやつ。


RPGゲームではそれだけで済むんですけど、

我々の世界のリアル人生ゲームにおいての「自身のMP量」は、

呪文を唱える=トレードをする だけの範疇を超えて、

”人生自体の質=幸せ”

に大きく関わってくる事柄であって、


”この視点”を抜きにして、

また、

”この視点”を持っていても、
その実践を疎かにしたままでいると、


トレードでもそうですし、

その他のどんなことでも同じことになるんですけど、


ほとんど必ず と言っていいほどに、

『「それまでの頑張り」や「成果」が一気に崩壊する”大精算”のような事件』

に見舞われる事になります。

 

トレードで言う所の、よく聞く 悲劇の代名詞である、

「コツコツドカン」

我々がよく言う所では、

「パイナポー」

が発生するわけですね。


(パイナポーの詳細については この記事の中盤でご確認ください)
https://fx-skater.com/wp/welcome-to-family/

 

「パイナポー」が発生する時は、
必ずと言っていいほどに、

”MPが減っている時”

なのです。

 

何らかの影響でMPが減っている時、

そんな時に、

自分としては、いつもと変わらず集中してトレードをしているつもりなんだけど、

徐々に徐々に拗れていき、

極めてナチュラルに”特大のやらかし”を発生させてしまうのです。


そして、繰り返しになりますが、

この”MP不足によるやらかし発生現象”は、

私生活や仕事上でも 同じ様に発生します。

 

トレードの場合は、

「不確定な未来の値動き」を、
自身の分析眼によって見定めて、

実際の値動きが出てしまう半歩前くらいに、
自分の判断を信じて、行動決定をせねばなりません。


要するに、

「これから本当はどうなるか分からないけど、
こうなると思うから、私は”こう”する」

と言った決断の連続になる、と言うことです。


そこにつけて、

人間が、何かを”決断する”と言う行為を行う際には、
~~~~~~~~~~~~~~~~
”大量のMPが必要とされる”
~~~~~~~~~~~~~

という事があります。


「間違えたら嫌だ」
「ここで切って戻ってきたら悔しい」
「もしここを見送って、伸びっちゃったら腹が立つ」
「ここで利確して、さらに伸びたら許せない」


こーゆーことって、
トレード中には ”どーにも考えがち”かと思うんですが、

ハッキリ申し上げまして、

上記のような事を
”全く考えない”と言うのは、

あなたが人間である限り、きっと不可能です。

 

誰でも、ちょっとは頭によぎりますって。苦笑

 

しかしながら、そうは言っても、

上記のような事柄に「自身の行動決定の主導権」を握らせていては、

いつまで経ってもトレードで大きな結果は望めません。


ソイツらに自身のトレーディングの指導権を握られた際には、

”ほとんど必ず”と言って差し支えないまでに、

大精算が起こり、大幅な資金減少と膨大なストレスを負うことになるでしょう。

 

基本的に、値動きを読み切ることは、不可能です。


なので、
エントリー・利確・損切りの際には、
100%の確率で 多少なりとも 心に負荷がかかります。


しかし、我々トレーダーは、

心に負担がかかろうが、トレーディングを行う際には、

自分で感じた通り、頭で考えたシナリオ通りに、
実際の相場に合わせて つど 決断を下さねばなりません。


そう。


トレードって言うのは、その実、

半端じゃないほどに「精神労働・MP労働」なのです。

 

「トータルでプラスになる戦い方」を組み上げられているはずなのに、

実弾でのトレードとなると、何故か ひたすらに お金が増えない。

 

このような現象が発生する詳細な原因は、
個々それぞれにあるでしょうが、

恐らくは、

「切るべき時に”切れない”」
「チャンスでもなんでも無い所でポジションを取らされてしまう」

この2点がトータル収益を大きく圧迫している共通事項としてあることでしょう。

 

”事前に自分で決めた事を、
間違いなく最後までやり抜く事の難しさ”


トレーディングにおいてのすべて問題は、ここに帰結します。

 

どんなトレードであれ、

入ったからには「想定のシナリオ」があるはずで、

となると、

我々トレーダーがエントリーしてから出来る事は、
唯一、「実際の値動きが自分の想定のシナリオに沿って動くかどうか?」
を見守ることだけで、

そこから実際の値動きが大きくハズレたら、

どーにも、一旦切るしかないのです。

 

その後の値動きが ”どうなるとしても”

 

トレードのあらゆる決断において、
いちいち 心に大きな負荷がかかる原因は、
”この部分”を割り切れていないからです。

 

実際問題として、

「このポジションを損切りをするかどうか?」

を考えた際に、

誰しもが、まず真っ先に考えることは、

「この後に戻って来ないなら、今すぐ切りたい」
「でも、戻ってくるなら、切りたくない」

この2つだと思うんです。


この2つが 同時に 頭の中に パッと浮かんでくる。


これは利確の時も同じですね。


「この地点から戻って来ちゃうなら、利食いたい」
「でも、まだ伸びるなら、持っていたい」


こう思っちゃう。


そして、


この2つの意見が「頭の中でぶつかり合いまくる」と。


このぶつかり合いによって著しく消費されるのが、

「MP(心の力)」なんです。

 

しかしながら、

どんなにMPをゴリゴリ使ったって、
どんなに頭を絞って考えたって、

”肝心の答え”は、

実際に時間が経過して、新しいローソク足が誕生しないと、

どーにも分かり様がありません。

 

つまり、

トレードにおける「この先どうなる?」は、

『いくら考えても 事前に正解が分かりようがない問題』なわけです。


で、


自身のMPが枯渇している時に、
この「正解が分かりようがない問題」と出会ってしまうと、

「決断を先延ばしにする」

もしくは、

「突発的にその時の感情に任せた行動に出る」

という行動が ”高確率で” 発動されます。

(併せて「自身の間違いを(自然と)正当化する行為に出る」
という地味〜に地獄な事に陥り易い超危険行動も発動され易いです。)

 

トレード中に”それ”が発動されてしまっては、

そんなもん、

いくらでも一気に”積み上げて来たもの”を 失えてしまいます。

 

とにかく、

このような事が、
コツコツドカンやドローダウン期を
生んでいる元凶なのではないかと思うわけで、


トータルで負けてる人や、

自分が狙っている「月〇〇円島」手前で何故か毎回引き返す事になっている人、

現在 調子良くパフォーマンスが上がって行っている人に、


自身が使うと決めた相棒(テクニカル)を磨き続けたり、
自身のストラテジーの改善・強化を怠らないのは大前提として、


そこにプラスアルファの要素として、

「”MPの存在”を意識してみては?」と、

”FXで稼ぎ続ける”という事をガチで実現させる為に 私は強く思うのです。

 

というか、私自身が、

(大きな額を狙うトレードを始めたタイミングから 特に)

自身のMPの状態をめちゃくちゃ意識してます。

 

自身で言いますと、

トレードを始めて7ヶ月目に、
「トレンド転換の1波に乗って ぶち積みトレード」
が突如として激成功し、

その運命的な勝利で”やりたいトレード”が決まり、
そこから月100万円島到達は割と早かった気がするのですが、

否、それで”仕上がった”わけでは全然なく、

むしろ、月−100万円島にぶち到達してしまったり、
俄然 色々とやらかしながらも、

「トーナメント戦での何度でも甦れる資金管理」
「勝てる時にゴッソリ勝つ」

という

”自身の戦い方の強みの部分”に生かされて来た、

というのが正直な所です。

(まぁ、それで十分っちゃ十分なんですが)

 

つーか、

順風満帆な快適トレードライフのまま強くなった人って、

誰一人として居ない と私は思ってます。

 

どこかで必ず、大きくやらかします。


もっと言うと、日々 の規模ですら、

”自分の昔っからの癖”的な部分が、
トレーディングの中の「しくじり」として現象化し、

それがめちゃくちゃ足を引っ張ってくる。

 

たぶん みんな、裏でくっそ苦しんでると思うんですよね。普通に。

 

それがトレーダーのリアルな姿であり、

「”その苦しみ”を生んでいる根源にある原因」に
各々が真っ向から ぶち立ち向かっていく事を通して、

一人で勝手に強くなっていくのが「トレーダー」だと思います。


そして、ここからが重要なのですが、


そんな感じで 我々は、
トレーダーとしての切磋琢磨をしながらも、

普段は余裕で普通の一般人なわけで、

ガッチリと それぞれの生活 があるわけです。


つーか、そこをレベルアップさせたいからこそ、FXを頑張ってる。


で あるならば、

トレードで勝手にめちゃ苦しむまでは良いとして、

”それ”を自分の家族や仕事にまで影響させちゃ 絶対にアカンのです。

 

トレードで目がつりあがっちゃって、

そんなタイミングで 奥さんに、
「ねぇ、トイレの蓋、閉まってなかったよ」と言われ、

『いやそれどころじゃねーんだよぉぉぉ!!!!(゚Д゚≡゚Д゚)』
『つか、そんぐらいお前閉めとけやぁぁぁぁ!!!!(゚Д゚≡゚Д゚)』

と 内心めちゃくちゃ思っちゃって、
それが露骨に出ちゃって つい 冷たい返事をしちゃう、みたいな。

 

”これに準ずる様な事”を、

今までに一度でもやったことがあるかどうか、

今一度、胸に手を当てて聞いてみて下さい。

 

そして、

もしも 上記に該当する様な事をやった事があると思い当たったら、

正直に、その場で 静かに挙手を。
(↑いや、いる?それ)


先生も みんなも、目 瞑るから。
(↑いや、誰なん)

 

 

( ˘ω˘ )ノ すっ

 


トレードでMPを枯渇させてると、

“やらかしちゃう”んですよね。そっちも。オート(自動)で。涙


MPカラッカラのバーサーカーモードでは、

とにかく、

触れるものすべてを傷つけてしまうし、

FXでもずぶずぶにお金を溶かしてしまうのです。
(↑言い方がひどい)

 

これらの現象を、防いでいきたい。


そして、平和に 幸せに 暮らしたい。


我々 民たちの願いは、ただ その一心じゃないですか。涙

 

すべてをそっちのけにしてパソコンの前に張り付いて、

1日のほとんどの時間を 凄い形相でチャートを睨みつけ続けて、

挙句、結局 口座資金を吹き飛ばし、

ヤケクソで酒を煽り、家族に当たり散らす。

 

もしも こんな状態のトレーダーを見かけたら、どうしましょうね?


なんて声を掛けましょう?

 

きっと、なんて声を掛けようが、無駄だと思います。


本人が気付いて、変わろうとしない限りは。

 

だからこそ、

我々は 自分で気付いて行きましょう、と。


そこまで行ってしまう前に。

 

と、


冒頭から なかなかシリアスな話になりましたが、

FXのメルマガで「食」の話をしている理由は、上記の通りです。


実際問題として、
このメルマガを読んでいる方っていうのは、

「実際に結果を手にする事をガチで狙っている段階」

に入っている人が多いかなと思います。


「得意な戦い方の型」も定まってきて、いよいよ やったるぞ!!と。


そーなって来た時に、程度の差こそあれ、

誰だって シリアスな感じを 全身から醸し出してしまいます。


ピリピリしちゃうというか、なんというか。


しかし、望む結果を手にするためには、

実は その真逆の行動を取る必要があります。


具体的には、

「四六時中FXの事を考えて ピリピリし続ける」のではなく、

「目の前のことに1つ1つに集中する(=感謝する)」ということが必要です。


前回の第118回メルマガ講座でお伝えした「食の話」っていうのは、

『食材や食品の選び方の話』

ではなく、

『食に感謝する(=集中する)』

という事についての話でした。


食品のスペックはさておき、
(もちろん偽物の食べ物は積極的に避けましょう)

こちら側の感謝する力(=想像力)次第で、

回復できるMPはグンと上げられる ということで、


”これを食べてください”


ではなく、


”こう食べてください”


というお話であった事を ここで一度 思い出してください。


それを踏まえて 今回の第119回メルマガ講座では、

「食を通してMPが上がるメカニズム」について、

可能な限り具体的に解説(というか 僕なりの見解をお話し)をして行きたいと思います!

 

”おふくろの味”の正体


というわけで、今回は、

今までは”イメージの中での話”が中心だったMP関連の話ですが、

今回は なるべく化学的な領域まで抽象度を落として 話をして行きます。


よって、

若干ややこしく感じられる部分もあるかも知れませんが、
細かい部分はさておき、大枠をしっかりと理解してもらって、

例の如く、

「実体験と重ねて理解する」

という部分に重きを置いていただければ幸いです!!


それでは早速 本題に入って参りましょう!


まずは、前回のメルマガを読んで送ってくれた
同志の方からのメールをご紹介させて下さい^^


ーーーTさんからのメール、ここからーーー


スケーターさんおはようございます!

娘(10歳・小4)に
「お母さんはドラえもんの道具の中で
一つだけ貰えるとしたら
何が欲しい?」

と聞かれて…

迷わず全力で
「タイムマシーン( ✧︎Д✧︎) !!!」と答えたTです。
↑欲望の塊感が半端ない。


最近、スマホでチャートを見ていたり、PCで検証してたり、ノートをまとめてたり…
作業をしていたら娘がここぞとばかりに話かけてくる事に気づいて
少し娘と息子(14歳・中2)に目を向けるようにしていました。

薄々、アカンなぁ〜と思いつつも
手抜きご飯が続いてたり、
話する時間が減ってたり…

そこで、睡眠時間を削って
更に1時間早く起きる事にして、
嫌々作っていたご飯に全力投球&新たなる開拓(作った事ない料理に挑戦)をしてみました。

Twitterも覗くのをやめていました。
(とかいいながらも、うまい棒のプレゼント企画が気になって当選の確認はしました。笑)


すると、ご飯を食べた子供達から
「これ、美味しい⸜( ´ ꒳ ` )⸝」
「また、作ってな!!」
と言われるようになり、MP垂直上がりです!!
美味しいご飯が作りたくなるサイクル出来上がりました!


“食”に関しては、私は生まれ育った環境がとても良かったと今では感謝しています。

私が生まれた家は三重県の山奥です。
小、中学校までは片道2.5km。
ヘルメットを被って毎日通学していました。
実際、下校中に猿の群れを見た事もあります。


今はもう建て替えてしまって無いのですが、
私が中学2年までは台所は土間で”おくどさん”がありました。
冬はひいばあちゃんが焼きみかんを作ってくれて食べてました⸜( ´ ꒳ ` )⸝

火傷をしたら、おばあちゃんが庭からアロエを持ってきて塗ってくれたり、

胸がムカついて、気持ち悪い時はおばあちゃんが庭から南天の茎を煎じた物を飲ませてくれました。


家の周りには田んぼや畑があり、
いつも、おばあちゃんについて畑に行ったり、
田んぼの田植え機が入らない湾曲した部分に稲を手植えしたり、
収穫を手伝ったりしていました。
田んぼの水は山水を引いて使っていました。

収穫した後の藁も干して、
畑に敷いたり、お正月用のしめ縄を作るのに使っていました。

自分の家で作った米とおばあちゃんが畑で育てた野菜で育ってきました。

おとぎ話のようですが、
本当の話ですよ^^

今はもう、家族が減り(当時はひぃじいちゃん、ひいばあちゃん、祖父、祖母、父、母、妹、私の最大8人家族でした。)
私も妹も離れて住むようになり、
祖母が亡くなり、
祖母が残してくれた畑や種から、
祖父や母が畑をするようになりました。
稲作は人数的にも労力も大変なので5年程前からしなくなりました。

子供達はお盆や年末年始、連休に帰省すると畑作業を割と楽しんでしています。


高校時代は本当に田舎が嫌で早く都会に出て行きたい!
とよく考えていましたが…

進学して大阪に出てきてから
やっと田舎を出て都会に出てきて
楽しんでいました。

そこから音楽短大も卒業して、
夢に向かってしばらくフリーター生活をしていた時に
自律神経失調症&過喚起症候群というのにかかりました。


↑分かりやすく言えば…
その時の私の生活は朝も晩もバイトに追われ、
食生活も睡眠時間も乱れまくり、
指先や足先の体の末端は常に冷えた状態。
精神的に不安定になって突然、過呼吸が出るみたいになっていました。


その時に本当に身に染みて
“整った生活”の大切さを感じました。

 

そして、そこから這い上がってくる強さを持っていた自分に驚きました( ˙◊︎˙◞︎)◞︎
でも、その強さはやはり、私を育ててくれた実家の環境が大きかったのかなと感じています。

本当に、ありがてーよ。


私は子供も2人いて毎日全力投球なのですが…


今は、20年来の友人がCS(化学物質過敏症)という症状に悩まされています。

もう、これはまさにスケーターさんのメルマガにある
添加物や人工甘味料などの”人工の毒”的な物に過剰に反応する症状です。

それだけでは無く、農薬や香料、消毒用のアルコールまであらゆる化学物質に拒絶反応をするので、
ほぼ自宅から外出出来なくなっています。
無農薬野菜を取り寄せ、
買い物には行かず、宅配で注文。
シャンプーや化粧品など肌に触れるものは使えないので石鹸とワセリンのみ。
衣類も綿のみ。


どうしても外出しなくてはいけない時は2日分の用意をしてから出かけると言っていました。
あらゆる物に反応するので
外から帰ってきたら2日〜3日は
マスクをしていても鼻や喉の奥が焼けたように痛み、
頭痛やひどい船酔い状態が続くらしいです。


友人は3年ほど前から体調が悪化し始めて心配していたのですが、
原因が分からずじまいで対処ができない状態でした。
(病院でもまだ認知度が低い病気で
違う診断が下されていた為)

もう、これを聞いた時にはまさに現代病だなぁ…と思いました。


なんか…FXの文字が全く無い返信や(;゚Д゚i|!)


スケーターさんのメルマガで読んで
夏時間から冬時間の移行だったり、
大統領選があるって見たので
やはり、私も11月の2週目ぐらいから
リアルトレードに挑戦していこうと思っています(ง`▽´)งヨッシャァ!


まぁ、ドジだったり、やらかしはする予想です_:(´ཀ`」 ∠︎):_
↑たまに子供にサザエさんと呼ばれる…。


それでは、またメールします*ˊᵕˋ)੭

ーーーーーここまでーーーーー

「うまい棒のプレゼント企画」というワードや、
最後の「大統領選がある」「11月の2週目くらいから」という所で、
前回のメルマガ発行から信じられないくらいの時が経っている事が、
改めてバレました(゚Д゚≡゚Д゚)


このメールをくださったTさんは、
今頃どうなっておられるだろうか・・・( ˘ω˘ )しみじみ
(↑すごい時間軸でメルマガやってますね、あなた)


ただ、それだけ時間が経ってもなお、このメールは紹介したかったのです!


その一番の理由は、この部分です。

ーーーーーーー

最近、スマホでチャートを見ていたり、PCで検証してたり、ノートをまとめてたり…
作業をしていたら娘がここぞとばかりに話かけてくる事に気づいて
少し娘と息子(14歳・中2)に目を向けるようにしていました。

薄々、アカンなぁ〜と思いつつも
手抜きご飯が続いてたり、
話する時間が減ってたり…

そこで、睡眠時間を削って
更に1時間早く起きる事にして、
嫌々作っていたご飯に全力投球&新たなる開拓(作った事ない料理に挑戦)をしてみました。

Twitterも覗くのをやめていました。
(とかいいながらも、うまい棒のプレゼント企画が気になって当選の確認はしました。笑)


すると、ご飯を食べた子供達から
「これ、美味しい⸜( ´ ꒳ ` )⸝」
「また、作ってな!!」
と言われるようになり、MP垂直上がりです!!
美味しいご飯が作りたくなるサイクル出来上がりました!

ーーーーーーー

前回の食の内容を、
ご自身が実践するだけに留まらず、

「真心込めて ご飯を作る」

という形でアウトプットされたTさん、最高ですねー!!


誰かが気持ちを込めて作ってくれたご飯って、
何故か 格別に美味しいですよね〜^^


”子供の時にお母さんが作ってくれた料理や、

彼女や 奥さん(彼氏や旦那さん)が
あなたの事を想って作ってくれた料理を食べて、

お腹も心も満たされる現象”


あなたもきっと、
”この現象”を体験したことがあるかと思うのですが、

今回のメルマガでは、

『この現象が何故起こるのか?』についてを考える事で、

「食でMPが上がる理由」の本質の部分を掴んでいきたいと思います。

 

これを考えていく為には、まず、

「私たちは何故 食べ物を食べるのか?」

という所からスタートせねばなりません。

 

私たちは何故、お腹が空くのでしょうか?

 

この理由は言うまでもなく、

「生命を維持するため」

となるのですが、

これを更に具体的に分解して考えて、
そのスケールを極小まで持っていくと、

「”私たちの体を作っている細胞”を代謝・循環させるため」

と言うことになります。


私たち人間の体は、
無数の「細胞」たちで出来ており、

その細胞たちが、
その核に持つ遺伝子情報(ヒトの設計図)を元に、

体の部位ごとに必要な形に変わって、
”古くなったもの”と入れ替わる

という事を通して、生命を維持しているんですね。


で、


この「細胞が 遺伝子情報を読み取り、
”体の部位ごとに必要な形”に変わること」を、

『発現(遺伝子発現)』

と言います。


したがって、我々人間は、

遺伝子が発現することによって 生命を維持している

と考える事が出来ます。


そして、そんな「生命維持活動=発現を起こしていく」為に必要なのが、

『酵素』←重要!!

であると言われています。


つまりは、

「我々人間にとっての命の源は何か?」と言うと、

それは『酵素である』ということになり、


人間が生命維持の為に食べ物を必要とする”最も大枠の理由”は、

”食べ物から「酵素」を取り込むため”

であると言える、と言う事なんですね。

 

ここまではよろしいでしょうか?


ここまで読んだ時点で、
コンビニや薬局に「酵素系サプリ(コエンザイムなんとかとか)」を買いに走ろうとした方は、

その気持ちはまだグッと堪えてもらって、どうか冷静に続きをお読み下さい。


それでは本題に戻りますが、

次に知っていただきたいことは、


私たち人間は、上記のような理由こそあれども、

”酵素の補給を完全に「食べ物からの摂取」に依存しているわけではない”

と言うことです。


それどころか、

実は体内に存在する(or新たに入ってきた)「酵素の使い道」は、
先ほど申し上げました「発現(細胞が適材適所にアレすること)」の為だけではなく、

”食べ物を消化・吸収するためにも酵素を必要としてしまう”
(=食事によって酵素を補給するどころか、逆に消費してしまう可能性がある)


のです。


この”食べ物の消化に使われる酵素”を

「消化酵素」と言うのですが、


とどのつまり、何か?というと、


命の源=酵素
    / \
代謝酵素 消化酵素
   /   \
 投資   浪費


投資家的に考えると、

「酵素の使い道」に関しては、こう考えられると言う事です。


要するに、

せっかく体内に取り込んだ酵素=生命の源は、
消化の為の「消化酵素」として浪費してしまうのではなく、

なるべくであれば、
”細胞を循環させる為の「代謝酵素」として使いたい”、

つまり、投資に回したい、というわけです。


その方が、常にフレッシュな細胞をキープ出来るので 調子が良いですよ、と。


逆に、酵素を消化にばかり使っていて、
肝心の身体を構成する細胞は、いつまでも古いまま・・・と考えたら、
イメージ的になんかすごく恐ろしいですよねw

普通に考えて、めちゃくちゃ病気になりそうな気がします。苦笑


というわけで、


人間的には、

”酵素は、「消化」ではなく「代謝=循環』の為に使いたい”

ここを重要ポイントとして抑えておいて下さい。


ところが、です。


まさに、

この「酵素を消化と代謝のどっちに使う?問題」にこそ、

『我々現代人の多くが 知らずの内に陥っている恐ろしい罠』が存在しているのです。


それは何か?というと、


口から食べた食べ物は、
胃で消化され、腸にて吸収されるのですが、

その食べ物の中に、
”食品添加物などの人工物”が混入していると、

”それ”を消化するためだけに、
半端じゃない量の「酵素」が「消化酵素」として消費されてしまいます。


具体的には、

・石油由来の着色料(黄色◯号とか 数字がついてるやつ全部)
・防腐剤や保存料、光沢剤類すべて
・遺伝子組み換え食品←別格に危険

これらが体内に侵入すると、

例外なく、

『それらの「食べ物ではない謎の物体」を完全に消化仕切るまで
体内で ずっと莫大な量の消化酵素が出動しっぱなしになる』
(=酵素が代謝酵素に回らなくなる→細胞が古いままになりがち→体内外への不調)

と言うことが起こります。


これは体の中で言うと、”超緊急事態な状態”です。


だって、「たった一つの謎の物体」を体から追い出すために、

“生命の源である酵素を ほぼ無限に垂れ流しにしている状態” ですからね。


そして、そんな状態を続けていたら、どうなると思いますか?(震え)

 

しかしながら、本当に悲しい事に、

今のご時世、”「それらの毒」が入っていない食品を探す方が難しい”です。涙

(もっと言うと、世界的に見ても、
日本だけ「これらの毒に対する規制」が
何故か とりわけ超ドゆる に”されて”います)


特に、「遺伝子組み換え食品」は、

”この世に存在しなかった未知の物体”なので、

そんなものを消化しようとすると、
とてつもない量の酵素が使われてしまう上に、

なかなか消化されず、
かなりの時間体内に残ってしまう(その間も酵素は減り続ける)のですが、

例えば、コン◯ニ弁当についているお醤油などの、
”原材料の費用を極限まで抑えて作られたもの”には、

しなっと”それ”が使われていたり普通にします。

(大豆には遺伝子組み換え表示義務はありますが、
ところがどっこい、”しょうゆ”として調味料に加工されてしまえば、
表示義務がなかったりするんですよね、謎に)


ただ、喜ぶべきことに日本は、世界的に見ても、

”酵素を大量に含む食品”を、
皆が知らず知らずの内に大量に食べている国

でもあります。


例えば、漬物、しょうゆ、みそ、みりん、お酒などの”発酵させて作られたもの”全般。


これらの「発酵食品」には、

「大量の微生物(菌)」が含まれており、それらが体内に入ると、

読んで時の如く、”酵素を発する(=発酵)”作用があります。


ここもとても重要なポイントです。


「発酵食品などに含まれる良い微生物を取り込むと、
人間の体内で”酵素が作られる”」


つまり、発酵食品は、

”自らを消化するための酵素を持参して体内に入ってくる
&余った分は代謝にまわせる”

とも言えるわけです。


したがって、我々日本人は、
このメルマガでお伝えさせてもらって来た様な内容を知らずとも、

”日本人らしい生活”を送っていれば、

自動的に 酵素をたっぷり補給する事ができている、と言うわけなのです。


そして、ここからがより重要になってくるのですが、

「体の中に取り込んだ食べ物が
本当の食べ物か?謎の人工物か?」

を判断しているのは、脳ではなく、

胃で食べ物を消化して、
腸でそれを吸収する際に、

『この物体に対して、どの消化酵素を どのくらい使うか?』を

”腸が独自に判断して”決めている、と言う事があります。


繰り返しますが、

『脳ではなく、腸が独自に判断して決めている』のです。


もっと詳しく言えば、

我々人間の「腸」の中には、
約100〜200兆個、重さにして約2キロほどの
”微生物さん”達が居るとされており、

その微生物さん達が、
「腸に入ってきた物体」を分析して、

それを吸収するために必要なアクションを起こしています。


で、この腸内の微生物さんたちは、

(1)善玉菌
(2)悪玉菌
(3)日和見菌

と、この3勢力に分ける事が出来ます。


それぞれの特徴をご説明させていただきますと、

(1)善玉菌
”発酵食品”や”火を通していない物”など、
酵素を多く含む食品を吸収する際に出動する菌=微生物たち
→活動を通して消化酵素を生む

(2)悪玉菌
”火が通った物”や”化学調味料などの人工物”の様な、
「酵素を含まず、吸収する必要のない物質」を排出する際に出動する菌=微生物たち
→活動を通して酵素を消費し、体にも悪影響を与える

(3)日和見菌
腸内に善玉菌と悪玉菌のどちらが多いか?を判断して、
多い方の勢力に便乗して立ち回る”中立な”菌=微生物たち
→日和見主義にして 腸内の菌の総量の6割を超える超巨大勢力

ザックリと、それぞれ この様な特徴があります。


(1)善玉菌は、乳酸菌やビフィズス菌など、
体にとっても良い働きをする菌とイメージしてもらって、

(2)悪玉菌は、大腸菌やO-157など、
体にとって悪い働きをする菌とイメージしていただければと思うのですが、

一つだけご注意いただきたい点があって、それは、

『善玉菌と悪玉菌に”良い悪い”は無く、
”それぞれ必要で、それぞれに違う任務がある”』と言う事です。


つまりどーゆー事か?と言うと、

「健康のために、ヤクルトをたくさん飲んで、
腸内を善玉菌で満たし、悪玉菌をなるべく減らそう!!」

なんてことをしても、意味はなく、

いくらヤクルトで善玉菌をダイレクト摂取していても、

同時に、
「コンビニに売っているような添加物ゴリゴリのパン」
なんか食べようものなら、

腸内は「添加物を消化するために出動して来た悪玉菌」で溢れかえる、

と言うことになり、


何よりも重要なのは、

”(身体へのデメリットはあるものの、)
「悪玉菌は善玉菌では処理し切れない有害物質の処理」
という立派な職務があるから出てきた”

と言う点です。


そして、

腸内の勢力図を観察していて
多い方の味方として働く中立勢力(3)日和見菌たちは、

「添加物を消化するために”悪玉菌”として振る舞う」

のですが、

この悪玉菌と悪玉化した日和見菌の2大勢力が、
総力を上げても「消化し切れない有害物質」が腸に残り続ける場合もあり、

その場合は、消化酵素がダダ漏れになり続けるだけでなく、
”有害物質の悪影響が 腸壁を超えて、臓器や皮膚などに染み出す”

という最悪の事態が起こり、体に様々な不調として現れます。


そう考えると、完全に、

「悪玉菌さん、がんばれ・・・!!」としか言いようがなく、

決して邪険に扱ってはいけません。

(この考えは、様々な病気にも共通していて、
病気=”体が排毒をしている”であるので、
西洋医学的に”病気そのものをストップさせる治療”をしても、
根本の問題は解決されませんし、むしろ排毒が遅くなり….)


ベストは、

そもそも悪玉菌さんが出て来る必要がない様に、

”口にするものをよく考えて選ぶ” ことです。


とにかく、

腸って、こんな大事な仕事を 独自の判断でやっているが故に、

「第二の脳」なんて言われております。


そして、そんな「腸」a.k.a. 第二の脳 は、

”脳から 完全に独立している(別々に動いている)”わけでは まったくなく、

むしろ「脳腸相関」という深い関係で繋がっていると言われています。


「脳」と「腸」は、構造的にも、


 脳幹    横行結腸
  / \    / \
右脳 左脳 上行結腸 下降結腸


と「左右に分かれていて、上が繋がっている構造」で似ていたり、
どちらもモコモコした見た目が似ていたりするのですが、

特筆すべきは、

”その機能同士が 逆相関の関係にある”

ということです。


「腸」は、入って来た食べ物を独自に分析し 必要な菌を出動させるのですが、

「脳の方」も、”その活動に呼応する形”で、

『脳のスイッチがONか?OFFか?
(交感神経優位か?副交感神経優位か?)』

が自動で切り替わるのです。


(ここから話の内容がググッと
トレードにダイレクトに役立つ内容になってきます。)


脳のスイッチがON(交感神経優位)になっている時は、
アドレナリンが分泌され、腸の働きが悪くなります。

これは、チャートなどを睨みつけいる時や、
ポジションを持っている時などの
頭をガンガンフル回転させている状態だと思い浮かべて下さい。

この状態では、心身ともに緊張状態に加え、「MPがダダ漏れ」です。


逆に、脳のスイッチがOFF(副交感神経優位)になっている時は、
体も心もリラックスしていて、腸の働きも活発になります。

この時に、セロトニンという幸福物質が分泌されるのですが、
「これ」が”MPの回復に直結”しており、その95%は腸で作られています。

この状態は、心身ともにリラックスできた状態で、「MPが回復している状態」です。

(例えば、私たちが深い睡眠に入っている時は、
副交感神経が優位(脳のスイッチがOFF)になっており、
その間はMPがグングン回復しております)

 

つまり、

腸が活発な時は 脳がリラックス出来ていて、
逆に、脳が活発な時は、腸が思う様に働けなくなる、

と言う事で、


トレードばかりしていると、
脳のスイッチがON(交感神経優位)な状態が続き、
アドレナリンが分泌され続け興奮状態になり、腸の働きは悪くなる

腸の働きが悪いので、
何を食べても消化に時間がかかる
(通常よりも酵素をより多く消費してしまう)

そんな所に、添加物たっぷりのコンビニパン投下!

消化できないものが長く滞在しているせいで
腸内環境が悪玉菌優勢になり、延いては、
消化し切れずにいる有害物質が身体に影響を及ぼす
(MPがダダ漏れ)

MP切れによる トレードや仕事・私生活での”やらかし”発生により、
さらに交感神経優位&腸内環境が悪化して・・・


という地獄の無限ループにハマる可能性がありますし、


逆に、


トレードばかりしていると、
脳のスイッチがON(交感神経優位)な状態が続き、
アドレナリンが分泌され続け興奮状態になり、腸の働きは悪くなる

一旦チャートは放っておいて、
味噌汁、お漬物、ご飯というシンプルな日本食を静かにいただく

発酵食品に含まれる微生物さんが腸内環境を改善し、
消化吸収を早め、脳のスイッチもOFF(副交感神経優位)になる

リラックスした状態でチャートを見れるので、
反射的に余計なことをしづらくなったり、
MPにゆとりがあるので”素直に負けを認められる”

トレードの調子が上がれば、気分も上がって来るので、
その事でまた腸が活性化し、脳もよりリラックスした状態に・・・


みたいな、”ハッピーな循環”を起こしていく事も出来るわけです。

(もちろん、腸内環境も”積み重ね”ですが、
一食で ここまでの劇的な変化が起こることもあります)


このように 脳と腸は、

お互いがお互いの状態に影響を与え合う”持ちつ持たれつの関係”

なのですが、先ほど、

「腸は、入ってきた食べ物によって独自に分泌する酵素を決めている」

と申し上げました通り、

決定権は『腸の方がやや優勢』と考える事ができます。


だって、入って来た食べ物によって 「腸」は自動で反応しちゃいますので。

そこに”脳の横槍”が間に合う隙は無いのです。


そんな 多大なる決定権を持つ「腸 a.k.a. 第二の脳」なのですが、

その影響は、腸脳相関を通して脳のスイッチON・OFFに作用するだけではなく、


「人間の表面の皮膚」と「内側の内臓」って、

よく考えると”一枚の皮として繋がっている”と思うのですが、
(逆にどこかで分離していたら人間ではありませんし、
肌のトラブルの原因は腸内環境にある ともよく言われていますよね)

それ故に、

腸内の善玉菌・悪玉菌どちらが優勢か?というバランスが、
からだ全体の菌のバランスと同じであると言われているのですが、

その中でも、

腸内環境の微生物バランスと最も酷似しているのが、

『手』

であると言われています。

 

つまり、ここまでの話を統合して考えると、


  『脳が考えていること』
      ↑↓
『腸内環境の治安=手の微生物の治安』


この関係性が見えてきます。

 

どーゆーことか?と言うと、

常に相場のことを考えて
頭をフル回転させ続けている交感神経優位な人は、

”腸内が悪玉菌が優勢になっている”
=治安悪い

と考える事ができ、と言うことは同時に、

”手も悪い微生物でいっぱい”
=治安悪い

こうなる、と言う事です。


逆に、


ゆとりを持って相場と付き合う事が出来ており
副交感神経優位(脳のスイッチOFF)の状態が長い人は、

”腸内が善玉菌優勢になっている”
=治安がいい

と考える事ができ、と言うことは同時に、

”手も良い微生物でいっぱい”
=治安がいい

こう考える事が出来ますよ、と。


さぁ、話がなかなかぶっ飛んできましたが、
もうちょっとなので ついてきて下さいね〜。笑


あと、

「手に微生物がいるなんて、気持ち悪い!!」

なんて、思わないで下さいね。


いるんで、そこは。(←もっと優しく言って?)


なんなら めちゃくちゃいます。(←改めて強調しないで?)


で、


その手の微生物は、

—————-
その人が考えている事

腸の働きの良し悪し

手の微生物バランス(治安)
—————-

このルートを経て、”直接触れたもの”にも影響を及ぼします。


例えば、

いつも自分の事ばかりしか考えていない人は、
(交感神経ゴリゴリにON!!)

腸内環境が悪く 肌が荒れていたり、
おなかの調子が悪いのがベースだったりするだろうし、

何よりも、

そんな人に手で触られると
”なんか分かんないけど嫌な感じ”がする、

こんな経験ってありませんか?


また、

子供の頃に、お腹が痛くなった時、

お母さんに手でお腹をさすってもらったら
何故だか分からないけど みるみるうちに良くなった

みたいな経験って、ありませんでしょうか?

 

あとは、ん〜 そうですね。

 

いつもは忙しそうにしているお母さんが、

自分たちの事を強く想いながら、
愛情たっぷりに作ってくれた手料理が、

店で買って食べれるどんなものよりも
比べ物にならないほど美味しく感じたられた経験って、

ありませんでしたか?

 

ーーーTさんからのメール、抜粋ーーーー

最近、スマホでチャートを見ていたり、PCで検証してたり、ノートをまとめてたり…
作業をしていたら娘がここぞとばかりに話かけてくる事に気づいて
少し娘と息子(14歳・中2)に目を向けるようにしていました。

薄々、アカンなぁ〜と思いつつも
手抜きご飯が続いてたり、
話する時間が減ってたり…

そこで、睡眠時間を削って
更に1時間早く起きる事にして、
嫌々作っていたご飯に全力投球&新たなる開拓(作った事ない料理に挑戦)をしてみました。


すると、ご飯を食べた子供達から
「これ、美味しい⸜( ´ ꒳ ` )⸝」
「また、作ってな!!」
と言われるようになり、MP垂直上がりです!!
美味しいご飯が作りたくなるサイクル出来上がりました!

ーーーーここまでーーーー


”おふくろの味の正体”が判明しました。


美味しさの秘訣は、

”お母さんの想い=手の微生物”だったのです。


「こう言われると なんかヤダw」

と、思われる方が、もしかすると居られるかも知れませんが、


”そう感じてしまう事”も、
まさに「今の時代の特徴」でして、

今から3,40年ほど前の昭和から平成の初め辺りにかけては、

「コンビニのおにぎりは不味い!」
「なんか分からないけど、全然たくさん食べれない!」

というのが”当時の日本に住む庶民の一般的な感覚”でした。


ところが、

時が平成〜令和と流れていく中で、
テクノロジーが急激に進歩していき、
人々の生活水準が等しく上がっていく中、

それに伴う形で、

庶民の感覚が徐々に徐々に変わっていき、

「誰が握ったか分からないおにぎりなんて食べたくない!」
「味はともかく、機械で作った無菌のおにぎりの方が安心!」

と、これが”今現在の日本に住む庶民の一般的な感覚”になっています。


とにかく、様々な理由から、

現代人は、”清潔感”を何よりも優先する様になった、というわけです。


しかしながら、私たちの身体は、

”本当は何が必要か?”をしっかりと分かっています。


時代は流れども、人間の体の構造や仕組みは 簡単には変わりません。


「本質」はどれだけ時間が経っても「普遍的」です。


今回させていただいた
「腸と脳と手の微生物バランスの関係」のお話は、

このように、メールで読んで 知識で知ろうとする段階では、
なかなかややこしく、ピンと来にくいかも知れませんが、

なんの事はない、

”すでにあなたが体験した事があるであろう現象”の

「それが起こる理由」と、
「それが起こる事で 心身にもたらされる影響」

を改めて再確認していただいたまでに過ぎません。

 


まとめますと、


今回の第119回メルマガ講座では、

「食でMPが上がる理由」の”本質の部分”について、

またしても とんでもない尺の長さでお話しさせていただきました。


その中で、

・「酵素と微生物」の関係
・「腸と脳」の関係
・腸と手の微生物バランスはほとんど同じ

ということを知っていただきました。


その結果、

”実家のご飯が何故か美味しく感じられ、
心なしか元気になった様な気がする現象”は、

「理由があって本当に起こっている現象」である

という事が判明したと同時に、

”その味”は「”作り手の優しい気持ち”の味」である

という事が分かりました。

 

これを知って、あなたは今日からどうしますか?^^


このメルマガで読んで知ったことは、
必ずや実際に行動してみて、体感してみて下さいねー!(*´∀`*)b

 

それでは、第119回メルマガ講座は、この辺で。


今回の内容を読んで思ったこと・感じたこと、
内容を実践してみて得られた結果報告などの返信メール、
1人何通いただいても構いませんので、どしどしお待ちしております( *´艸`)

 

次回の第120回メルマガ講座では、

第118回の「食べ物に向き合う姿勢」の話と、
今回の第119回の「食でMPが上がる本質」の話を、

”あるキーワード”で統合していき、

食の領域を超えて、
あらゆるジャンルで有効な「MPを上げる方法」

についてお話をさせていただきたいと思いますので、どうぞお楽しみに!!

 

P.S.

こちらのメインメルマガの方では、
どんどんFXとは直接的に関係ない方向へ走って行っておりますが、

トレードの基礎・技術的な部分をもっと深く知りたい・磨きたい方は、
「0からのススメ・プレミアム放送」をご利用ください!


こちらの放送では、

毎週水曜日22:00から1時間程度、
メルマガ講座「0からのススメ」の内容を台本にして、

改めて1から、動画形式で”勝ち続ける為に必要なすべて”をお伝えしていきます。


「ブログやメール文面で伝わり切らなかった部分」や、
「実際のチャートに当てはめて考えると、どうなる?」といった所など、

従来のメルマガ講座からは、
”完全自力で気付いていただくしか無かった事柄”を中心に、

テーマを絞って、1放送1放送じっくりと進んで行きます。


プレミアム放送はYouTubeのメンバーズシップ機能を利用しており、
月額590円の参加費をお願いしているのですが、
0が一つ増えても余裕でご満足いただける内容を目指して、
毎週水曜日にライブセミナーを全力で開催しております!(゚Д゚≡゚Д゚)


過去の放送のアーカイブも、無期限で見放題なので、
このメルマガ講座と合わせて、お力になれれば幸いです!


少しでも気になられた方は、ひとまず、
第0回から最新回までのタイトルのラインナップをご覧下さいませ^^


【0からのススメ・プレミアム放送 アーカイブ一覧】
https://youtube.com/playlist?list=PLrUeQmRcy0xm-sbK3MFakwUXg5IKlggNs
(第0回と第1回と第4回は無料公開中!!)

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

”購読者のほとんど”が自分の成長を実感!楽しく学べる本格「勝ちトレーダー」養成プログラム


知識0から”自分に合ったトレード”を見つける方法を学び、

最短最速で”勝てる自分”を作り上げるための実戦型無料メルマガ講座


「0からのススメ」


<講座内容>


【スケーター的FX投資術のススメ】のメイン講座を軸に、

各記事の内容をさらに細かい所まで深く掘り下げて解説し、

“相場の原理原則”“本質の部分”

“実際のトレードへの活かし方””自分への落とし込み方”などを、

丁寧に、段階的に、様々な例え話を交えながら楽しく学んでいきます。


また、あなたが成功までの道のりをスムーズに進んでいけるように、

人間の心理脳のメカニズム世の中を支配する普遍的な法則などを活かして、

あなたを”成功不可避の状態”に無理なく導いて行きます。


加えて、学んだ事を”実戦で使えるレベル”に昇華させる為の「ワーク」や「マラソン」など、

あなたの成長を加速させる実践課題をふんだんに盛り込みました。


当メルマガ講座は、FXの正しい知識がほとんどない状態からでも 

”愚直にやれば” ほぼ間違いなく、相場全体の約1割と言われている

「勝ちトレーダー」になることが出来るプログラムを提供しており、


最初の約3カ月にわたる「1章トレード戦略」を学びえた段階で

”ほとんどの人”が自分自身の成長を実感することが出来ていて、

その中の半数以上の人が月トータルプラス収益を実現させています。


もし、あなたが今、何かのFX教材の購入を検討していたり、

本格的にトレードを学ぶことが出来る場を探しているならば、

まずは1年間、真剣にこのメルマガ講座で学んでみてください。


きっと、来年の今頃は、

”今のあなた”からは想像が出来ないほどに、

”トレードの質”と”人生の質”が向上しているはずです。


<メルマガ購読者限定プレゼント>


メルマガ講座登録時プレゼント

「勝ちトレーダーの15ヶ条」チェックリスト

目指す姿が分かっていれば、あとはそれに向かって進むだけ!

「勝ちトレーダーの15ヶ条」チェックリストは、あなたの成長の指針となります。


 


購読費用:無料


今すぐプレゼントを受け取り
「0からのススメ」を受講する

最新の更新情報が受け取れます。

    

コメントを残す

*

CAPTCHA