いざ、あなたはトレーダーになる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る


FX初心者 ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

道具を揃えよう

 

どうも。投資家スケーターです。

 

ここまで「 0章 まずはここから 」を読み進めてきたあなたは、

すでに十分、トレーダーになる心構えは出来ていると思います。

 

いきなりここから読み始めて頂いた方は、

必ずこの章の始め「自分の手で自由を掴む、FXという選択」に戻って、

トレーダーとしてあるべき姿というものを学んでから、またここまでたどり着いて頂ければと思います。

 

さあ、トレードをするために必要な道具を揃えましょう。

 

全部準備するのに数日かかるレベルなので、1つ1つ着実に進んで行ってくださいね。

(記事中のリンクをクリックする時は、「Ctrl」を押しながらクリックすると、別窓で開くことが出来るので便利です。)

 


FX初心者 ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

 

1)チャート分析ソフト「MT4」を手に入れる

まずは、チャート分析用に「MT4(メタトレーダー4)」というものを手に入れましょう。無料でダウンロードできます。

 

各FX業者でもチャート分析アプリが用意されていますが、

それとは別に、必ず「MT4」を用意して下さい。

 

世界中で一番よく使われているチャートソフトが、この「MT4」。

どうせなら、はじめっから世界標準のMT4を使っておきましょう。

世界中の投資のプロの連中が使っている道具を無料で使えるなら、使わない手はありません。

 

「MT4」を使う一番のメリットとしては、

これから相場を分析する際にチャートに頻繁に水平線というものを引くのですが、

その引いた線がチャートの時間軸を変えても残るという点。

 

日本のFX業者が提供しているチャート分析ソフトでは、

時間足を切り替えると引いた線が消えたり、そもそも線が引けないものもあったりします。

 

チャート分析は水平線が引けなければお話になりません。

 

もうね。時間軸を変えると勝手に線が消えるなんて、マジであり得ません。

そんなもん使って勝てるようになるはずがない・・・・・とまでは言いませんが、いちいち引き直すなんてめんどくさ過ぎます。苦笑

 

他にも、「MT4」は出来高を表示させることが出来たり、

日本のFX業者が提供しているチャートソフトでは使えないインディケーターも入っていたりします。

HLバンドとかATRとかですね。もちろんフィボナッチも引く事が出来ます。

・・・・と言ってもここら辺はおまけみたいなもんですね。

あんまり使わないけど、まぁあって損はないよね、というくらいでしょうか。

 

それより大事なのが、

日経225株価指数やNYダウ、金や原油のチャートも簡単に見ることが出来るというところ。

これらの動向をチェックすることは、FXの相場分析にかなり役立ちます。

(この辺の生かし方もまた後々詳しく解説しますね)

 

そして、私が使っているブローカーは、これらもトレード出来たりするので、

チャートの形が良い時や、ボラが高くて戦いやすい時などは果敢にトレードします。

 

トレードで重要なのは、

いかに負けやすい場面を避けて、勝ちやすい場面のみで戦うか、

と言う部分です。

 

もう私たちトレーダーは”相場環境ありき”なんですね。

だからこそ、取引できる銘柄は多ければ多い方がいい・・・・ってことでもないのですが、

JP225Cash、US30cash、GOLD,OILなどの超メジャーどころは見ておいて損は絶対にありません。

というか、単純に得することがあるので是非見ておいて下さい^^

 

極めつけとしては、

あなたが今後使うことになるであろう

Forex Tester 3(フォレックステスター3)」

という過去検証ソフトと操作性がとても似ているので、

いざForex Tester 3を使うときにもスムーズに操作感覚を掴むことが出来るということ。

 

このForex Tester 3は、今後あなたがトレードを学んでいく上で、必ずと言っていいほど必要になるものです。

 

ただ、残念ながらこれは有料なのですが、

2,3万ほどで買えるのでなるべく早く準備するようにして下さい。

 

「2,3万!?高いでしょ!!」

と、ぶっちゃけ最初は私も思っていて、存在は知りつつも、

「勝てるようになったらそのお金で買おう・・・」

なんて思ってしばらくは買わずにいたのですが、

ボロクソにやられまくっていた暗黒の時期のホントにもう絶頂の時に、藁にもすがる思いで震えながら購入しました。笑

 

で、ようやく諦めて購入してからは、

もうリアルトレードはほとんどせず、ひったすら検証ソフトを走らせまくったんですね。

 

すると、

今まで学んできた”断片的に”知っていたことの数々が

徐々に立体的に理解できるようになっていき、

ある日、それらが一気に繋がる感覚が訪れました。

 

そして、その自分の中で繋がった事をリアルトレードで確かめて、

「・・・・間違いない。これで勝ち続けられる・・・。」

という確信を得ました。

 

これもすべて、倍速機能と巻き戻し機能のおかげです。

このFT2は自分が好きなスピートでチャートを走らせることが出来るんです。

これって、デモトレードじゃあり得ない機能です。

 

私は、この倍速と巻き戻し機能を使って、
「自分のトレード」を見つけることが出来ました。

 

そこから一気に、トレードの成績はもちろん、

トレードで勝てずに腐っていた私のせいで険悪だった家庭のムードも好転したのを覚えています。笑

 

しかしですね。これが無くても勝てるようになった方も全然いるでしょうし、

まったく強制はしませんが、私の辛かった経験からは、

「出来るだけ早く導入した方が良い」

ということを、トレーダーとしての準備をしている段階のあなたに心からお伝えさせて頂きます。

 

お金と時間を節約したい方は、下記のリンクからFT2を準備して下さい。
Forex Tester 3

!注意!今はForex Tester 2の販売が終了して、Forex Tester 3になっているみたいですが、

こちらとしては、Forex Tester 3でもForex Tester 4でもForex Tester 5でも、

とにかく「巻き戻し機能」と「倍速機能」さえあれば何でも問題ないです。

 

そして、購入される際はティックデーターは「VIP」のものをお勧めします。

ローソク足の動き方のリアルさが「Basic」と「Standard」とは全然違いますので。

 

と、話が若干それましたが、

結論を言ってしまうと、MT4を使わない理由を探す方が難しいです。

 

MT4の他に、有料のチャートソフトなど利便性のいいものありますが、

とりあえずは、MT4を使ってみればいいと思います。

 

「これで十分!」

と思えたなら、それをずっと使い続ければよいですし、

「物足りない!」

と思ったなら、別のものを使ってもよいです^^

 

ただ、個人的には、有料の物よりもMT4を使うことをおススメします。

なぜなら、

これから私の解説で出すチャートがMT4だからです。

解説に使っているチャートが同じものの方が、感覚的にわかりやすいですし、きっとその理解も深まります^^

 

というわけで、

 

下記のリンクからMT4を無料でダウンロードしてください。

MT4をダウンロードする

(リンク先のMT4はXM.COMという海外ブローカーが提供しているプラットフォームになります。)

 

ちなみに、「いや、パソコンねーよ!」という方も、

スマホやタブレットでもMT4のアプリ版をダウンロード出来るのでご心配なく。

 

しかしながら、

これからあなたはFXで数百万、数千万単位で稼いでいくことになるので、

なるべく早くパソコンは準備して下さいね^^

 

2)トレード専用のメールアドレスの取得

次に、FX用のメールアドレスを用意しましょう。

YAHOOメールかGメールのようなフリーアドレスで十分です。

 

これはなぜかというと、

これからトレードするにあたって、「買い注文」にしろ「売り注文」にしろ、

1回のトレードで「新規注文」と「決済注文」の2回、注文を出すことになるんですね。

 

そして、注文を1回出すごとにFX業者さんからご丁寧に

「何時に、いくらで、何ロットで約定しました。」

といった内容のメールが毎回送られてきます。

(昔はいちいち家にハガキが送られてきたらしいです。笑)

 

なので、あなたが選ぶトレードスタイルにもよりますが、

基本的には大量にメールが来ると思ってもらってよいです。

 

これをあなたのメインで使っているアドレスで受信すると思ったら、かなり大変じゃないですか?

大切なメールが埋もれてしまう可能性も十分考えられます。

 

ちなみに、私は新規注文を分割で何回にも分けて出し、

決済も分けることが多いので、1回のトレードで6通くらいメールが来ます。笑

この量のメールが、私のメインで使っているアドレスに届いたらマジでウザ過ぎます。

 

そして、

 

今後、エントリーは成り行きで入って、損切りの逆指値注文をセットしておき、

ドキドキしながらしばらく放っておく、といったこともすると思います。

 

そんな時に・・・。

 

 

ピロピローン♪

 

あなたのスマホからメールの着信音が鳴り響きます。

 

「なっ!もう逆指値注文を入れておいた損切りポイントにレートがきちまったのか!?」

 

あなたは、急いでチャートを確認!

 

すると、あなたのポジションは平気な顔をしてそこにご健在ではありませんか。

 

ほっと胸を撫でおろし、

スマホのメールボックスを確認すると、

さっきのメールは友達からのメールでした。

 

「まぎらわしっ!あいつ、空気読めや!」

 

 

なんてことになり、

今度その友達に会ったときに、ちょっと冷たくしてしまうかもしれません。笑

 

とにかく、プライベートとトレードに使うアドレスは分けた方が絶対にいいです。

 

あと、FXの勉強のために、自分の気に入った人のメルマガをとることもあると思います。

(私は気になる人がいたら速攻メルマガ登録していました。)

それ用にアドレスをもうひとつ用意してもいいかもしれませんね^^

yahooメールもしくはGメールを準備する

 

3)FX出入金用のネット銀行口座開設

これからは、トレードを行う為に、あなたのお金をFX口座に投資資金として銀行口座から入金したり、

逆に、トレードで得た利益をFX口座から銀行口座に出金したりするんですが、

そのための、”出入金専用のネット銀行の口座”を、必ず”普段使っている銀行口座”とは別でひとつ用意して下さい。

 

ネット銀行であれば、実際自分が銀行へ行かなくても

ネット上で簡単に出入金の手続きが出来るのでとても便利です。

 

この感覚を覚えてしまったら、出金は仕方ないにしろ、

入金の為にわざわざ銀行やコンビニATMなんて行ってられなくなります。

時代の流れには逆らわず、便利なものは容赦なく利用するようにしましょう。

 

そしてですね。

 

このFX専用のネット銀行口座を作る”真の目的”は、

生活費や貯金と、FXの資金を完全に別けることにあります。

 

FXにおいて一番怖いのが、

負けを取り戻そうとして、さらに負けて、一気に資金を失うことです。

 

負けを取り返そうと、銀行に預けている貯金を、クイック入金で追加入金、追加入金。

そして一気に投資資金はもちろん、貯金や生活費もろとも融かしてしまう。

 

トレードで負けが続いて、我を失い熱くなってしまえば、こういったことも余裕で起こりうるんですね。

 

「いや、自分はそんなことしない。」

 

なんて思った方も、

あなたが人間である以上、最悪の事態への予防策として、

FX用の口座と生活の口座を別けることは、絶対にしておいて下さい。

 

これを徹底しておけば、万が一、あなたが熱くなって自分を見失ってしまった時でも、

FX業者は最初に登録された銀行口座以外からの入金は受け付けませんので、

最悪、FX用の口座の中の資金を全部融かしたとしても、被害はその分だけで済みます。

 

仮に、銀行口座間で資金移動するにしても、それには少し時間がかかるので、

その間に冷静になれる可能性は、十分あります。

 

FXに取り組むならば、

熱くなって自分が理性を失い暴走してしまうことにすら事前に手を打っておかねばなりません。

 

それと、稼げるようになって確定申告しなきゃならなくなった時も口座が別の方がなにかと楽ですよ~^^

 

というわけで、楽天銀行ジャパンネット銀行のどちらかを用意して下さい。

もちろん、口座開設にはまったくお金はかかりませんし、維持費も無料です。

楽天銀行ジャパンネット銀行

 

4)FX口座開設

最後に、最も重要であるFX口座の開設へ取り掛かりましょう。

これは必ずプロ仕様の口座を用意しましょう。

 

日本のFX業者は「相対取引」というシステムです。

これは何かというと、

お客さんが出した注文を市場に流さず、そのFX業者に口座を持っているお客さん同士で注文を成約させている、

もしくは、

各FX業者自体がその注文を飲んでいる、ということです。

 

FX業者の規約をよく読めば書いてあることなのですが、

そもそも、あなたが取引するレートは、自分が口座を開いているFX業者独自のものなのです。

 

もちろん、為替市場と大きく離れたレートを提示してくることはありませんが、

細かく見れば、別のモノなんですね。

 

ここがかなり重要

 

つまり、考えようにによっては、

FX業者は、あなたが注文したレートを故意に不利なレートで勝手に約定させてしまうことも出来るし、

あなたが逆指値注文をセットしておいた価格までレートを操作して届かせることも出来る、ということです。

(こちらの記事でもこのことに少し触れています。⇒成り行き注文と逆指値注文

 

この「相対取引」においては、

お客さんの損失がそのままFX業者の儲けになるというシステム。

それ故に、先ほど述べたことが起こる、と考えられてしまうのです。

 

ただ、

FXは難しい、というか、FXを舐めて参加してくる人が後を絶たなので、

FX業者は基本的には約定レートをずらしたりなんかしなくても、

お客さんが勝手に負けていくので儲かります。笑

 

しかしです。

 

そのFX業者を使っている絶対数が少ないと、

顧客同市での注文の消化が出来ないので、FX業者はその注文を自ら飲むしかなくなる。

そんな中で、あなたが勝ちまくっていたら・・・。

そうなってくると、少なからずあなたに対して不正が行われる可能性は上がると十分考えられます。

(考えたくもないですが)

 

なので、それならそもそもそんな事を心配する必要がない

規模が大きく、顧客からの信頼も厚いFX業者を選んでおきましょうね、ということなんです。

 

そして、

規模=取引高、

顧客の信頼=多くの人に選ばれている=口座開設数

ということが言えます。

 

なので、

「より取引高が多く、より口座開設数が多いFX業者を使うのが安全」

ということになり、それ以外のFX業者を選ぶ理由は、何か特別な理由がない限りはないのかなと。

 

DMM FX

こちらのFX業者は口座開設数が国内一位です。

 

それか、

外為ジャパン

こちらは上記のDMM FXと親会社が同じなので、安定感があります。

 

どちらも国内でとても人気が高いFX業者で、

スプレッドもかなり狭いので、どちらを選んでも全然良いのですが、

 

私がメインとして使っている国内ブローカーは、

GMOクリック証券

です。

 

このFX業者は、取引高が世界1位なのです。

 

私はこの「取引高」というところが何よりも大事だと思ってます。

 

「取引高が多い」ということは「実際にトレードをしている人が多い」ということに他なりません。

 

その点、DMM.COMは口座開設数が国内第一位となっていますが、

実際にその口座を使ってバリバリトレードをしている人は少ないのかなと。

 

勝ってるトレーダーは、すぐ負けちゃうトレーダーの何人分もの取引高を一人で叩き出します。

 

つまり「取引高が世界一位」ということは、

「世界で一番、勝ってるトレーダーが生き残っているFX業者」

ということも言えるわけです。

 

だって、強いトレーダーが多く生き残っていなければ、

このFX業者で取引された量(=取引高)が世界一位になるハズがないですからね^^

 

それと、GMOクリック証券が用意している

「はっちゅう君」という発注ソフトがかなり秀逸。パソコンで注文を出す方は、これ一択じゃないかと。

 

というわけで、

実際に大金を預けてトレードするならGMOクリック証券の方が断然良い、ということになります。

GMOクリック証券

あなたがこれからトレードで大金を稼いで行くためのメイン口座として準備して下さい。

 

ちなみに、GMOクリック証券 は最低取引単位が1ロット(10,000通貨)からなので、

1000通貨などの少額からの練習トレードをしたい方というは、

外為ジャパン(1000通貨から取引可能)か、

XM.COM」という海外FX口座を用意して下さい。

 

投資資金が全然用意できない方、もしくは、
あまりFX口座にお金を入れておきたくない方には、海外口座の方を強くお勧めします。

 

何故なら、XM.COMは最大888倍のレバレッジが掛けられるので、

トレードを行う際に必要になってくる「証拠金」がかなり少なくて済むからです。

 

証拠金をポンと10万ほど用意できる人は、

海外口座よりも桁違いにスプレッドが狭い外為ジャパンを使えばいいと思いますが、

もしあなたが昔の私のように「投資資金に充てるのは月1万円がギリです!」みたいな状況ならば、

XM.COMの口座を使うことをお勧めします。⇒その理由はこちらの記事にて「ハイレバレッジは危険?」

 

そして、海外口座には「ゼロカット」という制度があります。

 

「ゼロカット」とはなにかというと、

例えば、いきなりとてつもない為替変動が起こるとします。

 

一瞬でどーんと大暴落。ないとは言い切れません。

 

こういったことが起こった時にあなたが運悪く「買い」で入っていたとすると、

自分の出した損切り注文は当然間に合わず、

FX業者の強制ロスカットすらもぶち抜いた位置で約定してしまい、

ヘタしたら追証という名の借金が出来てしまう可能性があるんですね。

 

でも、この「ゼロカット」という制度がある口座を使っていれば、

運悪くそんな大事故に遭っても、最悪「口座残高ゼロ」で済むんです。

 

本当にすべてのFX業者がこの制度を導入すればいいのにと心から思います。

 

というわけで、まずは少額のトレードから始めたい!という方は、下記のリンクから海外口座を準備して下さい。

XM.COM

海外の口座ですが、すべて日本語で書いてあるので、問題なく手続きを済ませられるはずです^^

(手続きは2分で終わります。)

 

そして、もしかするとあなたは今、

いきなり「海外口座」と聞いて不安に思っているかもしれません。

 

確かに、一部の海外FX業者は、入金は出来るが、出金が出来ない、

という意味不明な所もあるみたいですが、ここは全くそんなことはありませんので心配ご無用。

 

現に、私はこのブローカーを使って資金4000円から這い上がりましたので。

 

4000円しか入金してないくせに、

そこそこの金額をコンスタントに出金させてくれるということを、身をもって体験しています。

 

ただ、自分が入金した額以上の利益を出金する時は、

「海外送金」という形であなたの銀行口座に振り込まれることになるので、

その手数料として2500円ほど取られますが、そこは諦めて下さい。笑

 

そして、私が小資金の内にここを使っていた最大の理由が、

日本のFX業者では考えられない「入金ボーナス」という制度があるからです。

 

この「入金ボーナス」っていうのは、

あなたが入金した金額の何%かボーナスとして証拠金に上乗せされる、と言う制度です。

 

XM.COMは口座を開けると、5万円の入金分までは無条件で100%ボーナスをつけてくれます。

つまり、あなたが1万円をXMに入金すると、その口座には2万円の証拠金が入るという事。

単純に、2倍の体力で戦うことが出来るんですね。

これは攻める力はもちろん、守る力も2倍になるという事。この点はデカいです。

 

さらに、取引高に応じて、XMポイントというものが加算されていき、

それを証拠金として、もしくは、現金として引き出すことが出来ます。

これ、知らないうちに結構貯まります。

 

極め付けとしては、もう口座開設するだけで、

すでに3000円に口座に入っている状態でスタート出来るということ。

 

ノーリスクでハイレバレッジのパワーを試すことが出来るので、

口座開設しない意味の方がわからないくらいです。

しっかり自分に力を付けてからならば、この3000円からでも十分増やしていけます。

 

 

ただ、安易なレバレッジの上げ過ぎは禁物です。

あなたの欲望が騒ぎ出すのをいかに抑えられるか、がこの海外口座を使う時のカギになってきます。

間違っても、数十Pips逆行で口座資金が全部吹っ飛ぶような戦い方はしないで下さい。

XM.COMの口座を用意する

 

というわけで、

FX口座開設は以上です。

 

以下のリンクからFX口座を準備して下さいね^^

GMOクリック証券(必須) XM.COM(小資金の場合は必須)、【DMM FX 外為ジャパン】(必要に応じて)

 


 


お疲れさまでした。そして、おめでとうございます。

以上で晴れて、あなたがトレーダーになる準備は整いました。

 

長かったですね。笑

 

あとは着々と知識を増やして、戦闘力を上げていくのみ。

ここからが本番です。

気合入れていきましょう!

 

【PS】

記事が長かったので、最後に準備するものまとめておきます^^

①MT4ダウンロード
自分に合ったプラットフォームのMT4をダウンロード

②トレード用フリーメールアドレスの取得
yahooメールGメール

③FX出入金用のネット銀行を用意する
楽天銀行ジャパンネット銀行

④FX取引用の口座開設する
GMOクリック証券 (必須)XM.COM(少額取引には必須)、

DMM FX(必要に応じて)

外為ジャパン(必要に応じて)

番外編
Forex Tester 3(最強の検証ツール。いずれは必ず必要になる)

FOREX.com(MT4が使える国内FX口座。持っていると重宝する)

以上です。サクサク準備していきましょう~!

 

 

次へ⇒お小遣い稼ぎ・・・どころの話じゃない

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最新の更新情報が受け取れます。

    

コメントを残す

*

CAPTCHA