R.I.P Dylan Rieder 1988-2016

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

2016/10/12 ディラン・リーダーというスケーターが、白血病のため、28歳という若さでこの世を去りました。

 

当ブログはFXブログではありますが、

スケーターとして、1988年生まれの同い年として、

そして、自分の情報発信媒体を持っているものとして、彼の死を記事にするという形で追悼させて頂きたいと思います。

 

私は彼の死のニュースを知った時、本当に驚きました。

supremeの”cherry”(参考:Supreme New York “Cherry” Skatevideo (Official Trailer))で

マッシブポップでスピード感溢れまくるパートを披露した彼が、

まさかいきなり白血病で死ぬだなんて、マジで想像もしていませんでした。

 

個人的には彼の事は、彼がまだ10代だったラサリブレの頃から知っていて、

知った当初は「やたらインポシが上手いイケメンなガキだな~」くらいにしか思っていませんでしたが、

そこからどんどんスタイルがついて来て、技も高くなるわ、スピードも速くなるわで、徐々に注目度が増していき、

ALIEN WORK SHOPの”Mind Field”のラストトリックのフェイキートレで完全にハートをぶち抜かれました。

(参照:Dylan Rieder – Mind Field 3:53からの明らかに後ろ向きな感じで大きな階段を飛んでいるシーン)

 

 

そこからsupremeのビデオの為に、あまりメディアには姿を見せなかった彼ですが、

ファッション、アート、音楽、でも才覚を発揮して、

まさにニュージェネレーションな活躍を見せまくっていました。

 

そんな彼が、死んだと・・・。

 

彼が死んだ次に日にはNYのsupremeには彼の追悼デッキがもう並んでいたらしいです。

若かったので白血病の進行が早く、周りの人間は彼が死ぬことを知っていたようですね。

 

文字通り、彼はスケート界の”伝説”になりました。

 

同じ1988年に生まれ、同じスケートボードというものに魅せられて、

おそらくスケートへの情熱も私も負けていなかったと自負しますが、

一方は、スケート界に数々の偉業を残して、最後は壮絶な幕切れで伝説になった。

もう一方は、何故かFXをやりながら、好きな時に自由気ままにスケートを楽しんでいる。

 

人生って不思議なもんです。

 

「人間、いつ死ぬかわからない」とはよく言いますが、

今回のニュースで本当にそれを思い知りました。

 

同じ1988年生まれとして、まだこの世に生を受けている身として、

私は彼の分まで人生を力いっぱい楽しんでやりたいと思います。

 

ありがとう、ディランリーダー!安らかに眠れ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最新の更新情報が受け取れます。

    

コメントを残す

*

CAPTCHA