チャートパターンは私たちに語り掛ける ~2つ山からのメッセージ~

この記事は約 6 分で読めます。


FX初心者 ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

 

どうも。投資家スケーターです。

 

相場の流れが変わる場所。

そんなきわどい場所に、私たちはこれまで学んだ「水平線」というものを引いているわけなんですが、
実際に水平線を引いて、そこでの値動きを眺めていると、

相場の方から

「今から方向転換をするよ」

と、教えてくれることがあります。

 

それが「チャートパターン」というもの。

 

今回は、その中の「ダブルトップ」というものが、
私たちに語り掛ける”意味”を考えて行きたいと思います。

 


FX初心者 ブログランキングへ
にほんブログ村 為替ブログ FX初心者向けアドバイスへ
にほんブログ村

 

チャートパターンをそのまま信じてはいけない

チャートパターン。

この言葉をあなたは聞いたことがありますか?

 

あらゆるトレードの教材で、このチャートパターンは必ずと言っていいほど登場します。

しかし、

そのほとんどが、その教科書的な使い方を説明するばかりで、
それが出た”背景”や”意味”というものが語られることは、ほとんどありません。

「ダブルトップのネックラインを割ったら、売り」

「トリプルボトムのネックラインを超えてきたら、買い」

などと、機械的にそれを教えるばかりです。

 

残念ながら、それを素直に信じて売り買いしていては、
トレードで安定して勝つことはできません。

 

私のブログで学んでいる方なら、もうその理由は分かると思いますが、
トレードにおいてなにより重要なのは、”それまでの流れ”と”集団心理”です。

この部分をまったく考慮せずに、
チャートを無機質なものと見て形だけで判断していては、
トレードは何をやっても上手く行きようが無いのです。

 

このチャートパターンを使った売買の場合は、特にです。

 

チャートパターンを使ってトレードで勝つためには、

「それが出た場面」と「それが意味する集団心理」

この2つをしっかりと理解しておかねばなりません。

 

そのことを重々承知頂いて、チャートパターンというものを、
あなたのトレードの武器として生かしてもらえればと思います。

 

それは集団心理が織りなす”壮大なドラマ”

冒頭で、もうほとんど答えを言ってしまっているのですが、
チャートパターンは、相場の転換の点で出現してこそ意味があります。

「相場の転換点」

まさしくそんな場所をめがけて、あなたは水平線というものを引いているハズです。

つまり、

水平線の付近、もしくは、その水平線を絡めるような形で、
このチャートパターンを確認することが出来たなら、

それこそが、

「今から転換するよ」

という、相場からのメッセージなのです。

 

そして、

このメッセージは、相場参加者の

「欲と恐怖」

「期待と思惑」

によって形作られた”壮大なドラマ”なのです。

 

そして、チャートパターンとはものすごくたくさんの種類があるかと言えば、
その本質を考えれば、まったくそうではありません。

 

チャートパターンを”集団心理が織りなすドラマ”と捉えれば、
その種類は大きく別けて2つしかありません。

この2種類のチャートパターンが織りなす”意味”の部分を知れば、
それをどんな形にも応用することが出来ます。

というわけで、

今回は、その1つのチャートパターンをご覧いただきたいと思います。

 

 

まずは全体像を。

この2つ山のような形が、「ダブルトップ」というチャートパターンです。

 

話を分かりやすくするために、それぞれの波の転換点に番号を振りました。

 

この番号が振られているポイントでの”集団心理”を考えることで、
ダブルトップという”壮大なドラマの全貌”が見えてきます。

つまり、

ダブルトップというチャートパターンが発している「メッセージ」と、
その「使い方」が見えてくるということです。

 

ダブルトップは語る

 

緑色の線がレートの動きだと思って下さい。

①→②→③→④と、ここまではよく見れば順調なアップトレンドです。

直近①の高値をブレイクして、③の新たな最高値を作り、
前回高値の位置で支えられる形で④の安値を作りました。

この④の安値が支えられたポイントに引いた水平線を「ネックライン」と呼びます。

 

注意

今回の「ネックライン」は、
キレイに前回の高値のラインに乗っていますが、
このように、前回高値と必ずしも同じになることはありません。

④の安値を作ったところが「ネックライン」となります。

 

ここから、ドラマは始まります。

レートは、③の前回高値の位置を超えることが出来ませんでした。

ここで、そこまで買いで乗ってきた人たちは「ん?」と思います。

「前回高値を、超えられなかった・・・。」

ここで、そこまでの順調だったアップトレンドに乗ってきた人たちの中に、不信感が芽生えます。

注意

この⑤高値が、③高値より低い位置で作られることもあります。

この場合は、
よけさらこれまで買いで乗ってきた人たちは「ん??」となります。

本編の例よりも、買っていた投資家の不信感は大きくなります。

 

そして遂には、レートはネックラインを割ってきました。

ここで「買いでポジションを持っている投資家」の不信感が倍増します。

 

教科書的には「黄色でチェックを入れたポイントで売れ」と言わることもあります。

確かにこの段階で、
もう上は無いと判断して買いポジションを投げてくる投資家たちの
「決済の売り」が入ってレートはガクッと下落する可能性はあります。

が、

目線の事を考えてみて下さい。

(目線の付け方を知らない方はこちらの記事を熟読して下さい。
⇒【トレンド相場を知る ~「トレンドの定義」と「目線をつける方法」~】)

最高値を付けた、「意識される押し安値」のライン。

そこをレートが割って初めて、集団心理は「下」を向きます。

教科書的に「売ってよし」とされている段階では、”集団心理”はまだまだ「上」を向いているということ。

これが、チャートパターンを盲目的に信じていては勝てない理由のひとつです。

 

進みましょう。

 

やはり「意識される押し安値」で一度支えられ、⑥で安値を作り一旦上昇を見せます。

ところが今度は「ネックライン」でレジスタンスされ、⑦の高値を作り、下落する素振りを見せました。

ここで、買いポジションを持っていたほとんどの投資家が
「やべ!もう上は無いかも!!」
となり、持っていたポジションを投げ売ります。

さらに、

こうなることを待っていた「ダブルトップでの戦い方」を知っている投資家の
新規の売りが入ってきます。

なぜなら、

⑦の高値切り下げが確定した時点で、
短期的に見れば、「ダウントレンドが形成された」と考えることが出来るのです。

なので、

黄色チェックのポイントで売りを入れるのが、
「正しいダブルトップの戦い方」
と一般には言われています。

 

しかし、

 

ここでもまた、「目線」ことを考えてみて下さい。

先ほどもお伝えした通り、
図の青色のライン(意識される押し安値)をレートが下抜くまでは、
集団心理はまだ「上」を向いています。

 

なので、

 

このような展開になる可能性が、まだまだ残っている段階であると言えます。

やはり大勢の投資家により強く意識されるのは、
「チャートパターン」よりも「水平線」、そして、「目線」です。

なので、

レートがネックラインでレジスタンスされ⑦の高値を作ったのを確認してから売ったとしても、
そこから逆行してもなんら不思議なことはないということです。

しかし、

このことを重々承知したうえで
このタイミングで「売り」を仕掛けるならば、それはアリです。

盲目的に「ここは固いポイントだ!」と信じ切ってそれを疑わないのは危険ですよ、ということです。

 

では、どこまで待てば安全に売れるのか?

 

それは、

 

このタイミングです。

意識される押し安値のレートが割り、目線が「下」に切り替わったタイミングで、
これまで「買いポジションを持って耐えていた投資家たち」が遂に絶望します。

この時点で初めて、満場一致の「転換」となるわけです。

ということで、

入るのが最も安全と言えます。

誤解を恐れずに言いますが、
ここでならもう飛び乗ってもいいです。

 

これが、集団心理を考慮したダブルトップでの戦い方になります。

 

 

大切なのは”形”じゃなくて”気持ち”

「ネックライン割れで売り」

「ネックラインを割って、それにレジスタンスされて反発を確認してから売り」

 

確かにこれはどちらも間違えではありません。

何故なら、そこは確かにそれまで「買い」で流れに乗っていた投資家が、
弱気に転じる”きっかけ”になる場所なことには違いはないからです。

なので、

どこで売ろうがそれはそれでいいのです。

ただ、

意識される押し安値をレートが下抜くまでは、
集団心理的には、まだ目線が「上」だということ。

何度も言いますが、
これを承知しているかいないかでは雲泥の差があります。

そして、

一番重要なのは、

 

”ダブルトップの形自体”ではなく、
ダブルトップが形成される流れの中で、
買っている投資家がどんどん不安になっていく集団心理の変化の部分です。

 

不安が募り募って、最後には絶望に変わる瞬間。

 

そこを捉えるのが、ダブルトップでの正しい戦い方です。

 

 

PS.

ダブルボトムはその真逆のパターンです^^

 

次へ⇒チャートパターンは私たちに語り掛ける ~三連峰は雪崩を呼ぶ~

あなたの成長をさらに加速させる無料メルマガ講座のご案内

知識0から”自分に合ったトレード”を見つけ、

最短最速で”勝てる自分”を作り上げるためのメルマガ講座


実践型メルマガ講座「0からのススメ」


<講座内容>


【スケーター的FX投資術】のメイン講座を軸に、

各章の内容をさらに細かい所まで深く掘り下げて、

”相場の原理原則”や”その具体的な活かし方”を学びます。


また、成功までの道のりを全速力で進むためのエッセンスをお届けし、

あなたを”成功不可避の状態”に追い込みます。


その他、「メルマガ限定クイズ」や「メルマガ限定ワーク」などなど、

あなたの成長を加速させる仕掛けが多数。


”トレードで勝ち続けられる自分”を、

0から自分自身の手で作り上げるための実践型メルマガ講座です。


<メルマガ購読者限定プレゼント>


メルマガ講座登録時プレゼント

「勝ちトレーダーの15ヶ条」チェックリスト

目指す姿が分かっていれば、あとはそれに向かって進むだけ!

「勝ちトレーダーの15ヶ条」チェックリストは、あなたの成長の指針となります。


他、「投資家スケーターのトレードルール」「資産構築型トレードノート」

「最凶のトレード手法」など、随時
メルマガ講座内で手に入る超強力プレゼント多数


今すぐプレゼントを受け取り
無料メルマガ講座を受講する

最新の更新情報が受け取れます。

    

コメントを残す

*

CAPTCHA